So-net無料ブログ作成

カンボジア観光 その11 最終日市内観光 [旅行]

カンボジア5日目。最終日です。
長かった観光記も、これで終了です。


この日は10時頃にチェックアウトすることにしました。
それまでは少し時間があるので、朝ごはんを食べた後、少しホテル近くを散策してみます。今までは朝早くツアーに出ていたので、あまり外に出る機会がありませんでした。



ここはホテル近くにあるプレ アンチェー プレ アンチョムというお寺です。観光時の移動で何回か前を通りましたが、いつも観光客や地元の人がいました。
IMG00123_HDR.jpg



ここは先ほどの寺院のすぐ近くにある、ロイヤルレジデンスという名前の王様の別荘だそうです。別荘というだけあり、王様は普段プノンペンに居るのでここにはいないそうです。観光客の方が通るたびに写真を撮っていました。
IMG00124_HDR.jpg



この日は朝8時ころとはいえ、カンボジアですから暑い。
おばちゃんがアイスキャンデーを売っていたので、思わず購入します。IMG00125.jpg


2本で1ドルだったかな。
高い気もしますが、暑さには勝てません。見た目分かりにくいですが、周りには透明なフィルムが張り付いていますので、それを剥がしてから食べます。
ただ、暑いのでアイスキャンデーは予想以上にすぐに溶けます。ほっておくと手元にポタポタ垂れてくるので注意してください。
この旅は手が汚れたりする時用などにウェットティッシュがあった方が良いと思います。
IMG00126.jpg



30分ほど近くの公園で休憩してホテルに戻ります。
途中には大型のショッピングモールみたいな箇所がありました。ごく最近できたようです。グーグルマップにもまだ載っていません。朝早かったのでほとんどしまっていましたが、スーパーというよりもまさに色々な店舗が入った複合店のように感じました。
IMG00121_HDR.jpg



これは信号です。なぜ5個も点灯箇所があるのだろう?
それと、シェムリアップ市内には10箇所くらいしか信号が無いらしいです。
IMG00096.jpg



ここはクーレンⅡというホテルです。
私が泊まったプリンス ダンコール ホテル & スパのすぐ隣です。ここで毎晩アプサラダンスショーが開催されています。アンコールワットのツアーの最後に寄るところです。
IMG00018_HDR.jpg



近くにはこんな感じの日本式居酒屋もあります。Saikou Japanese Restaurantという名前のようです。まぁここまで来て日本食には行きませんが、長期滞在していたら、行きたくなるのかもしれません。
IMG00025_HDR.jpg



ここはラッキーモール。大型スーパーです。ここに来れば大体そろいます。
ただ、前に客待ちしているトュクトュクがうざい。まぁこれはシェムリアップどこでもそうです。どうやら、顔とか服装で日本人と分かるようで、「おにぃさーん、ドコイク」、「マッサージ、オンナ、キモチイイ」連発です。
IMG00023_HDR.jpg



そして、ここが今回宿泊したプリンス ダンコール ホテル & スパです。
ただ、寝泊まりするだけなら、これ以下のホテルで十分です。次回はもっと節約しようと思いました。
IMG00030_HDR.jpg



ホテルに戻り、中でまた休憩です。
プールには誰もいませんでした。広々しているので、ここに座りしばらく休みます。
IMG00113_HDR.jpg

IMG00117_HDR.jpg

IMG00123.jpg

IMG00129.jpg

IMG00127.jpg



部屋に戻って荷物を纏め、チェックアウトします。
しかしシェムリアップを観光するため、スーツケースはホテルに預けます。と言いますか、ホテルの方が聞いてきたのでお願いしました。いつ戻るかを伝えれば、引換証みたいなものを渡してくれます。
IMG00128.jpg




ホテルを出て、まずはアンコール国立博物館に向かいます。
ホテルから徒歩15分程度です。
IMG00128_HDR.jpg
ここにはアンコールワットの歴史や石像などをがこれでもかと展示されています。ゆっくり見ていたらたぶん2時間では足りませんな。

また、東博にあるようなイヤホンガイドもあります。当時の状況とか宗教についても日本語の解説を聞きながら見られます。
IMG00130.jpg


途中で疲れたので、喫茶店で休憩です。
IMG00131.jpg


ちなみに、隣には免税店もあります。
IMG00125_HDR.jpg




博物館の後はオールドマーケットに向かいます。オールドマーケットとかナイトマーケットはガイドブックにも載っている観光名所です。
ホテルからは徒歩10分程度ですが、博物館はオールドマーケットとは逆方向に15分歩いたので、博物館からは10分+15分で徒歩25分程度かかります。この日はテクテク歩いていきましたが、距離的にはさすがにトュクトュクで行くべきです。


オールドマーケットの外観です。
この中がカオス状態で色々売っています。
IMG00019_HDR.jpg

Youtubeにも色々動画がありました。





ちょうどお昼も過ぎてお腹が減っていたので、ガイドブックにも載っているクメールキッチンへ行きました。英語は通じます。まぁ私は話せませんけどネ。メニューには写真があるので、それを見て指差し会話でなんとかなります。
IMG00129_HDR.jpg


ここでは、春巻きと焼き飯系をいただきました。価格は1品数ドル程度。高いのか安いのか・・・。
IMG00098.jpg

IMG00101.jpg



その後、フットマッサージを受けに行きます。
ここもガイドブックにのっている日本人には有名なセラピーマッサージセンターです。
IMG00031_HDR.jpg
基本は時間で値段が決まるようです。フットでもボディでも1時間5ドルでした。私は結構この日歩いていたので、フット1時間にします。格安マッサージですが大満足です。ただ、アンコールワット観光の後に行ったところが一番良かったです。場所は覚えていますが名前は忘れてしまった・・・。今度行ったらまた行こう。

以前行ったタイでもそうですが、このようなフットマッサージはオイルのようなものをひざ下に塗りマッサージします。その為、出来れば短パンとか足をひざ上までまくれるようなズボンが良いです。私は登山用のズボンだったので、ひざ下からセパレートできたので大丈夫でした。ジーパンだとどうするんだろう。




最後に、2日目のアンコールワット観光の夜に出かけたパブストリート、ナイトマーケットの写真を少し紹介します。
もう写真のまんまです。目がくらくらします。日本人には合わない感じ? 欧米系の方が多かったです。たぶん向こうの方は、昼は観光、夜は飲む! そんな感じなんでしょうね。
IMG00013.jpg

IMG00014.jpg


このように店頭ではライブで歌も歌っています。周りの音量も凄いです。
中々この雰囲気の中、おひとり様で椅子に座りビールを飲むというのは難しいです。もっとふてぶてしく生きるべきなのか( ^ω^)・・・。
IMG00016.jpg



Youtubeにも動画が沢山あります。
ちなみに、私が行ったときはもっと混んでいました。たぶん時間帯もあります。夜8時、9時以降が本番なのだと思わります。最終日の昼は当然ですが閑散としていました。








IMG00017.jpg

IMG00020.jpg

IMG00022.jpg

IMG00024.jpg

IMG00028.jpg

IMG00029.jpg

IMG00034.jpg

IMG00035.jpg




2日目のナイトマーケット帰りはもう10時を過ぎています。先に紹介したスーパーマーケットなどは軒並み夜10時閉店です。私は、明日の観光用にペットボトルを買いたいのでコンビニのような小型の店に寄りました。すると、第二アンコール猫発見!!
IMG00041.jpg
観光客慣れしているようで全然人見知りしません。なんと抱っこもさせてくれました。店の人とは言葉は通じませんが猫好き同志なら分かるであろう、猫を抱っこしながら笑顔で心の会話をします。


アンコール猫とスキンシップしていると、近くにいた猫が寄ってきます。
なんにゃ! 一触即発か?・・・、と思いましたが、仲良し猫でした。
IMG00052.jpg
この写真だけパッと見ると、なんとなく左が絡んできたように感じますよね。まぁ、右の猫はまったく身構えていないのでそんなことは無いのが分かりますが。


お店の中に入るともう一匹、長毛種が居ました。もふもふにゃんこは暑いからか店内から出ないようです。
IMG00054.jpg

2日目のパブストリート、ナイトマーケット紹介は以上です。



16時過ぎにホテルへ戻り、荷物を受け取ります。
その後、ホテルマンが空港まで10ドルで送るよと言われたので、面倒なのでそれに乗っかる事に。20分ほどで空港に到着です。
IMG00103.jpg


帰りはベトナム航空、ハノイ経由で帰りました。
ちなみに、ハノイにはプライオリティパスを使えるラウンジは無いのでご注意ください。


あっという間のアンコールワット観光でした。
是非とももう一度来たいです。
以上でアンコールワット観光記は終了です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。