So-net無料ブログ作成
PC & インターネット ブログトップ
前の5件 | -

3D NANDが128TBの超大容量SSDを実現へ [PC & インターネット]

タイトルのように、SSDは3次元に積層した3D NANDが開発されてから、猛烈な勢いで容量を増やしています。ここ最近は2倍/年ペースの勢いのようです。

【福田昭のセミコン業界最前線】
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/1076106.html

HDDも風前の灯に感じなくもないですが、3次元積層化と共に容量を増やす手段として1個のメモリセル容量をSLC→MLC→TLCとしてきましたが、ついに1個のメモリセルに4bitを記憶する「QLC (quadruple level cell)」が登場しているとのこと。

QLCにすると書き換え回数の低下問題も発生しますが、これは大容量化による書き込み個所の分散化でクリアできそうです。しかし、QLCによる書き換え時の速度低下や長期間保存時のデータ安定性は問題ないのでしょうか? 少し不安です。

SDカードなども民生用はMLC→TLCに置き換わってきて価格は低下していますが、個人的に長期的な信頼性に疑問符を持っています。その辺の事をあまり知らず、TLC版を監視カメラやドライブレコーダーなどのような長期連続使用するハードな箇所に使用したりすると、個人的に気になりますネ。

出来れば全てのカードどこかにMLCとかTLCとか書いてあると、選ぶ時の参考になるのですが・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

米Microsoft 「Surface 3」を発表 [PC & インターネット]

先日のタブレット欲しいと書いた記事で少し話題にした、「Surface 3」が発表されたようですネ。


【499ドルでシリーズ史上最薄/最軽量の「Surface 3」 - PC Watch】
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150331_695591.html


ただ、CPUはCore Mではなく、新型のAtomとの事。これがどの程度の性能なのかいまいち分からんので、まだ購入意欲が湧きません。メモリもさすがに2Gだと嫌なので4G版の価格も気になるところです。ただ、そうするとSurface Pro3の価格とも近づきそうですし・・・・・。相変わらず迷うところです。


新型のAtomについては先日発表された記事がありました。そのうちいろいろな検証記事が出てくるかと思いますが、現行のBay Trailよりも性能は上との事なので、一般的な使用・用途であれば気にならないのかも。
【Intel、14nmのCherry TrailをAtom x7/x5として正式発表 ~GPUが大幅に性能向上 - PC Watch】
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20150302_690736.html

今迷っているのは・・・・・・・、
 ・Surface Pro3(今すぐ買える、高性能)
 ・Yoga Tablet2(今すぐ買える、ネット閲覧だけなら無問題? 競合と比較し安い、スパイウェアのリスク有り)
 ・Surface 3(そこそこの性能、そこそこ低価格? 5月まで待つ必要有り)
 ・そのうち出る? 新Atom搭載Yoga Tablet(過去実績からしてたぶん低価格・スパイウェアはきになるケド)

といった感じデス。
5月くらいになると、他社も新Atom搭載タブレットを出してくると思いますので、それを見て決めるべきか・・・・と思っております。

タブレット買いたい病 [PC & インターネット]

最近、急激にタブレットが欲しくなってきているワタクシがいる。


理由としては、PS4などのゲームをしている時に攻略サイトなどの情報が手軽に見たい為である。
無限に時間があったように感じる若いときと違い、30、40歳代ともなると時間は有限になってくる。昔のように攻略本も見ず自力で調べるような時間も根気も無く、ましてや一度クリアしてからの2周目・3週目などはもってのほかといった状態なのだ。という理由を自分に言い聞かせて、最近はゲームをしながら攻略サイトなどを見ているのですよ。てへへ。

引越し前はPC用ディスプレイが2台ある内の1台にゲームを繋ぎ、もう一台のディスプレイを各種情報表示用として表示させていたのだが、現在ゲーム機はテレビに繋いでいるので近くにPCが無く情報が見れないのであります。


そこで「ピコーン!」と閃いたのは、「だったらタブレットでも買って、すぐ近くに置いて見れるようにしておけば良いんじゃね?」という発想が今の状態であります。でも・・・・ただ近くに置いておくだけでは、いちいち手をコントローラーから離さなければならず、それはそれでまた面倒です。

そこで、こんな感じのアームスタンドを近くの机につけて見やすい位置に固定し、ゲームをしながらちょいと目線をずらすとタブレットも簡単に見れるというスタイルを構築したいのデス。まぁ、簡単に言うといろいろ横着したいのデス。
アームスタンド.jpg



そこでタブレットをいろいろ調べてみます。
しかし、電子レンジ購入時の時のようにいろいろ考えてしまい、堂々巡りになってシマイマシタ。


・購入するタブレットは攻略サイトを見るだけと割り切って、低スペックでOK。
   
・タブレットみたく使えるノートPCという選択肢もあるが、ノートPCは別にあるし、ここはやはりタブレットでOK。
   
・使用用途限定だし、やはりここは安さを重視すべき。
   
・どうせなら最近充実してきているWindowsタブレットにしようかな。8.1も使ってみたいし。
   
・持ち歩きはしないから見やすさを重視したい。とすれば8インチよりも10インチ級にすべきだろう。
   
・安くても5万程度はしそうだなぁ・・・・・。しかもその中で良さげなのはレノボかよ・・・・・。スパイウェアは御免ですよ。
   
あれ? もう少し出すと タブレットとしても使えるSurface Pro3にも手が届くなぁ・・・・。
   
・でもSurfaceは発熱問題があったから、もし買うとしてもBroadwell搭載版が出るまで待ちたいなぁ。
   
このリンク先ページに、来月Core M搭載ファンレス仕様「Surface 3」発表か!? とあるなぁ。
   
・このリンク先ページを見ると、Core Mは最近出ているWindowsタブレットに多く搭載されているAtomよりもやはり高性能のようだ。
   
・ここは少しケン(見送ること。競馬用語)すべきか・・・・・?
   
・いやいや。ここは見送らず、初心に帰って安さですよ。Windowsに拘らずAndroidタブレットという方向性もあるのでは?
   
・そういえば昔ネクサス7を買って、使いこなせず結局廃棄処分したトラウマが・・・・。やっぱりここはPCと親和性の高いWindowsタブレットですよ!!
   
・いろいろ調べているといい機種が欲しくなる。でも上を見るときりが無いし、お値段も・・・・・ねぇ。
   
そして最初に戻る・・・・・・・・・・・。



長島監督のような欲しい欲しい病を紛らわす為に特におちもなく、つい勢いでブログを書いてしまいました。


今日もビックカメラ川崎店をうろうろし、タブレットを中心に30分ほど見ておりました。上記ループを繰り返しながらSurface Pro3を見ていると、するするとワタクシに近づく店員さん。ベストから見るにNTTからの応援の人のようです。

派遣 「なにか、お探しですか?」
俺君 「いやぁ、特に買う予定はまだ無いんですけど、新しいPCとかタブレットを見にきました~」
派遣 「普段お使いのPCは?」
俺君 「デスクトップPCデ~ス」
派遣 「だとすると新しくノートパソコンを・・・・というお考えですか?」
俺君 「いや。ノートは既に1台持っているんですよ」
派遣 「なるほど」
俺君 「このSurface、CPUがBroadwellにまだならないんですかね?」
派遣 「そうですね~。まだ新しくなっていないですねぇ。」
俺君 ・・・・・お? Broadwellで通じるとは、みかかの派遣にしては結構詳しいなぁ・・・・・。
派遣 「お客様はかなりPCがお詳しそうですね。いまお使いのネット回線は・・以下省略」

その後しばらくうろうろしてPC触っていたのですが、店員さん誰も話しかけてきませんでした・・・・・・・・・。「あいつは今日買いそうにない客だ」的な情報が店員同士で回るのでしょうか?  それとも常に周囲にアンテナを張っている優秀な店員たちは、遠くから見たやり取りの雰囲気を察知したのでしょうか。

ワタクシの会社後輩は、ヨドバシよりもビックの方が店員知識レベルは上だと言っていましたが、その辺も関係するのだろうか?


明日更新するかは分かりませんが、本日は以上デス。


Androidを上書きするWindows 10? [PC & インターネット]

タイトルにあるような記事がここ数日ちらほらと出ています。
以下のリンクがその内容です。


【Androidを上書きする「Windows 10」のカスタムROMをMicrosoftが開発中 - GIGAZINE】
http://gigazine.net/news/20150319-windows10-for-android/

【Androidフォーンを~~~Microsoftが開発、Xiaomiは共同開発を否定 - TechCrunch】
http://jp.techcrunch.com/2015/03/18/20150317microsoft-android-rom/



記事を読む前は、昔のMS-DOS上で動くWindows3.1のような感じなのかな? 歴史は繰り返すなぁ・・・・・などと最初は思っていましたが、記事を読むとどうやらそうではなく、AndroidがWindows 10に上書きされるようです。ある意味乗っ取りしてしまうようです。


自分がもしシャオミのmi4を使っているのであれば試す価値はありそうな気もシマス。まぁ、元に戻せる前提ですけども。このディスプレイサイズだとWindowsの提供は無料でしょうからネ。

個人的には常々Windows Phoneを使ってみたいと思っているのですが、現状まともな選択肢が周りにはないんですよね。まぁ、私の場合はネットが閲覧できれば後はそれ程拘らないので、PCと親和性の高いWindows Phoneの方が良いと思っていたりします。

ただネットの記事によると2014年世界スマートフォン市場シェアは、AndroidとiPhoneこの二つのシェアは96.3%らしいのでWindows Phoneはほぼ壊滅状態。Firefox OSなどと同様「その他」の雑魚扱いです。



ただ、ここ最近はWindows10の影響なのか、Windows Phone開発中ゥゥーー! ! といった記事を見かけるようにもなっています。特にマウスコンピューターのものには期待しております。

【日本初…Windows 10対応のSIMフリーWindows Phoneが発売へ : ギズモード・ジャパン】
http://www.gizmodo.jp/2015/02/windows_10simwindows_phone.html

【Windows Phone日本市場再突入へ!!:IT Bootstrap:ITmedia オルタナティブ・ブログ】
http://blogs.itmedia.co.jp/kizawa/2015/03/windows_phone.html

マウスコンピューターは最近スティック型PC 「m-Stickシリーズ MS-NH1」などのような意欲的な製品を出してきているで、期待したいですネ。ここのPCは買った事ないですけど勝手に応援しております。

ノートPC用バッテリーパック交換・回収 [PC & インターネット]

我が家には世の中の自作PC愛好家のように何台もPCはありません。

常用のデスクトップPC以外であるのは緊急用 & 旅行時用としてのノートパソコン1台のみ。
2012年末に秋葉原で購入したPanasonicのLet's note。2012年春発売のCF-SX1GETDRという機種です。
CF-SX1GETDR.jpg

さて、このLet's noteですが、コンパクトで携帯性も良く、電池も持つし、堅牢だし、ヘビーな使用はしていないので速度にも不満は無しとワタクシ的にはまったくの優等生なのですが、昨年末に残念なお知らせが飛び込んできました。

それは・・・・・・・、「ノートパソコン用バッテリーパック交換・回収のお知らせ | パナソニック パソコンサポート」です。
リチウムイオン二次電池は容積あたりのエネルギー密度が高いので、何かトラブルがあると大事になりやすいのですが、今回もその関係のトラブルのようdeath。しばらく放置していましたが、各家庭? にこんな案内が届き始めたのでさっさと出すことに。
DSC01976.JPG


面倒だと思う気持ちが出る前に、さっそく専用のサポートデスクに連絡し交換を依頼します。
充電池の品番とロット番号を連絡。めでたく該当品と認定されました。
続けてPCの型番を連絡したのですが、私の発音する「T」がサポートデスクお姉さんには「P」に聞こえるらしく、「G・E・T・D・R」と言うと「G・E・P・D・R」と認識されてしまいます。サポートデスクお姉さんも間違いがないように飛行機のPhonetic Codeみたいな感じで、「○○のG」、「○○のE」と確認が続くのですが、次は「パリのP」と言われてしまいます。
PじゃなくてTです」と言いますが、「え? え? Pですか?」とのやり取りを数回。「ティー」を「テー」に言い替えても通じません。ワタクシの方から、「問題が発生したパソコンの型番一覧表とかないんですか?」と聞いてみますが、それは無いとの事。サポートの人達もたぶん外注かと思いますが、問題がある充電池の品番とロット番号しか教えられていないようです。ていうか、準備しておくべきでしょ。パナソニック。
ワタクシの発音下手に若干落ち込みながらも、向こうの言い方を真似して「TokyoのT」と言いなおすとやっと理解してもらえました。そして無事手続きが終了し、交換用バッテリーを郵送してもらう事になりました。


その後数日たって荷物が到着。この写真は返送前ですが、こんな感じの大きいダンボールに入っています。
バッテリーが大小の2個でしたので、ダンボール2個のようです。
DSC01989.JPG


ダンボールの中身はこれだけ。この電池がぶつからないように梱包されているのでダンボールの中は隙間だらけです。
DSC01978.JPG


後はバッテリーを入れ替えてダンボールに戻し、ダンボールのフタ部分の重なりを上下逆にすると着払い伝票が貼り付けられた面になりますので、そのまま集荷してもらいます。


発売から数年たって、そろそろバッテリーの性能低下も考えられる頃でしたので、無料で交換できたと思えばまぁ良かったのかもしれません。

前の5件 | - PC & インターネット ブログトップ