So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲーム ブログトップ
前の5件 | -

イースVIII -Lacrimosa of DANA- [ゲーム]

PlayStation4で発売中の「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」を6月中旬からずっとプレイしていました。土日と平日帰宅後に2時間程度。クリアまでに約半月近くかかりました

イースの記事を書くのは、前作セルセタの樹海以来です。
前回は携帯機向けということもありますがサクッとクリアするだけならば20時間程度でクリアできました。今回のは難易度Hardでしたが、クリアまで50時間程度かかりました。クリア後の色々を含めると60時間くらいかかっています。今回はかなりやりごたえがありました。 








イースをプレイしたのはWindows移植以降ですので古参ではありません。それでもすでに20年近くプレイしていますが、今回のイースは今までの中で一番面白かったと思います。ボリューム、飽きさせないシナリオは素晴らしいです。

内容は昔ながらの国産RPGの王道的なといえばよいのでしようか? セリフが青臭いこういったRPGを今でも発売しているのは、数少ないと思います。ただ、それだけにファミコン時代からゲームをプレイしている40歳代には懐かしく感じます。ファルコムの株はいつまでも持ち続けようと改めて思いました。

なお、セリフは青臭いと書きましたが、このイースは同社の軌跡シリーズほどの恥ずかしく?(懐かしく?)感じるような事はありません。普通の方々にも問題ないかと思います。

グラフィックは正直言ってまだまだかもしれません。悪く言えばPS3程度。しかし十分なレベルにはあると思います。ゲーム自体の面白さがそれを補ってくれます。
音楽は安心のファルコムサウンド。心配無用です。


時間あればみなさんに是非プレイしてみてほしい一作です。
このブログであまり過剰に勧めたり褒めたりはしはないようにしていますが、これはお勧めです。傑作とは言いませんが秀作です。「プレイしてよかった」、「もうお終いか・・・」という感想が出てくるかと思います。

皆さんにもこの想いを共有してほしくなり、2月のスタン・ハンセン記事以来久々に更新しました。
たま~に更新していますので、時々見に来てください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人生は選択の積み重ね [ゲーム]

何だか偉そうなタイトルにしてしまいましたが、別に人生を語る記事ではありません。
「選択」とはゲーム内での話になります。


12月に発売されたPS3の「ウォーキング・デッド」という海外のゾンビゲームを今プレイしています。
ゲームの紹介は以下の4Game記事が詳しくて分かりやすいです。
知らない方はまずこちらをご覧ください。

【日本語版「ウォーキング・デッド」がついに登場 - 4Gamer.net】
http://www.4gamer.net/games/147/G014779/20131123012/

この記事にも書かれているように、ゾンビ溢れる世紀末的状況の中、主人公がいろいろ頑張って生き抜いていくのが大体の流れです。しかし非常事態な状況ですので、いろいろな危機や人間同士の衝突、二人の内どちらかしか助けられない選択等々、いろいろな選択を「決断」しなければならない場面が出てきます。このゲームは、その選択結果で後のストーリーが細かく分岐して進みます。

まぁ良く出来ていますねぇ。このようにいろいろと分岐するゲーム自体はアドベンチャーゲームでは昔からあると思いますが、最近のグラフィックの進化やゾンビ溢れる危機的状況のシナリオなどがうまく合わさっていると感じました。また、人間の負の部分と言いますかエゴ的な物がよく描写されています。普段安全なときには見られない人間の「顔」が拝めます。4Game記事によると海外での評価も高いようですが、それもうなずけます。


ワタクシなどはいろいろな選択の中でついつい無難な物を選ぶ傾向があります。
たとえば二人が言い争っている場面の選択肢だと、どちらかに味方するのではなく、「二人とも落ち着け!」とか「今は争っている場合じゃない」のような中立的な選択を選んでしまいます。しかし、このゲームではそんな選択をしていると、「この八方美人が!!」などと罵られ両方と険悪な状況になったりしますw

みんなが傷つかなかったり助かる方法を探していろいろ頑張っているのに・・・・・(´・ω・`)
いやぁ辛いところでが、このような最悪の状況下ではもしかしたらそうなのかも知れませんネ。

ゲームは違いますが、このような選択は私の好きな真・女神転生というゲームにも似ていますね。
メガテンはLAWとCHAOSという対立軸で話が進むのですが、私はいつもどちらかに偏る極端な状況は好ましくないとの考えで中立的な立場(Neutral)で進む事が多いです。でもその結果、結局両者と対立してしまう結末を迎えてしまいます。今ゲームをしていて、ふとそう感じました。


年末年始で時間がある方で、興味が湧いた方はプレイして見る事をお勧めしますが・・・・・・・・・、このゲームは「Z指定」なので相当なレベルでのグロい描写が出てきます。その辺が苦手な方はプレイを敬遠したほうがよいと思います。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

3DS 「闘神都市」 1stPV公開 [ゲーム]

ネットをふらふら見ていると、タイトルにあるような 「闘神都市」 の文字が目に入りました。

【ゲームかなー : 3DS『闘神都市』1stPV公開!】
http://blog.gamekana.com/archives/7377454.html




「闘神都市」とは、その昔、エロゲーメーカーのアリスソフトが発売したゲームです。懐かしいですなぁ。
シリーズ物として1~3まで発売されています。ただストーリーは繋がっておらず、それぞれ独立したお話です。
大まかな内容はWikipediaの言葉を借りていうと、 "年に一度、闘神都市で開催される武術大会「闘神大会」に出場し優勝を目指すというコンピュータRPG" です。


原作のゲームの方は昔PCで発売された18禁ゲームです。いろゆるエロゲーですネ。なので女性の方や若い方は知らない人も多いと思います。
ちなみにワタクシは最初の「闘神都市」はプレイした事はなく、「闘神都市Ⅱ」からプレイしました。
世間一般的? な評価はこのⅡがとても高いです。特にストーリーが良かったですネ。人によれば「アダルトゲームの枠を超えた国産RPGの傑作との呼び声」もあるようですが、さすがにそれは言い過ぎかな? とオモイマス。
今回のPVを見ると評価の高かった「Ⅱ」がベースになっているように見えるので、その点は期待できそうです。


検索したら、ニコニコ動画に「Ⅱ」のオープニングがありました。

ちなみにこの動画、4分30秒過ぎまでは音楽はありません。そこからメインテーマが始まります。
懐かしいBGMです。このテーマを抜きにしてこのゲームは語れませんなぁ。昔の貧弱なFM音源がまた良し。



ただ、面白かったとはいえ、昔プレイしていた層が改めて購入するかと言われると微妙な気がします。
絵柄も一新しているので、今まで知らなかった新規層が対象なのでしょうね。

まぁ、私はそれ以前にまだ3DSを購入していないのでプレイできませんけどネ。
早く女神転生4と一緒に3DSを購入せねば。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ガンダムネットワークオペレーション3 [ゲーム]

ワタクシ、サラリーマンでゲームプレイ時間がとり難いので、FF11などのMMOと呼ばれるネットワークゲームはほとんどやったことはありません。

ただ唯一やったのは、「ガンダムネットワークオペレーション」の1と2です。(以下GNOと略します)
このゲームは他のゲームと違い、頻繁にログインしてプレイする必要が無く、忙しい人はたまにログインして操作する程度でもOKという特徴がありました。
公式ページの言葉を借りると、「長時間プレイ不要、1日10分でもOK!」との触れ込みです。

「1日10分でもOK!」のイメージは以下のリンク参照。
http://member.gno3.ne.jp/html/main_gno3.html


1と2でそこそこプレイしたので、後に発売されたGNO3はプレイしていなかったのですが、最近そろそろ参加してみようかなぁと思っておりました。"参加" と書いたのはバリバリにプレイするのではなく、どんなものなのか雰囲気を伺う程度に見てみようかな? と思った為デス。

その為、GNO3公式ホームページを見て予習していたら、以下のアナウンスを発見・・・・。


【GNO3 サービス終了のお知らせ】
http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_close.html


サービス終了?

Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!  Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

そんなぁ・・・・・・・・。


このシリーズは赤字かどうかは不明ですが、プレイ人数の減少や賞味期限切れ(マンネリ化)による撤退なのでしょうか?  まぁいずれにしろタイミングが悪かったです。去年あたりからプレイしておればよかったかも。

続編に期待したいと書きたいところですが・・・・、
今までは定額制でしたが、今後続編がでるとしたら時代の流れ的に課金制になりそうですよね。このゲームのターゲット層である中年男子は小金を持っていそうですし。まぁプレイするしないはその時になって考えればよいのでしょうケド。

続編が出るかどうかは不明ですが、カードゲームとかにならない事を祈りたいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

イース セルセタの樹海 [ゲーム]

PlayStation Vitaで発売された「イース セルセタの樹海」をここ4日ほどやっていました。
Vitaの握りすぎで手が痛いですw

ゲームにかかりっきりで、またまたブログの更新が遅れてしまいました。さぼっているわけではないですが、一度更新期間が空くとモチベーションが中々高まりませんなぁ。


「イース」は日本ファルコムのアクションRPGです。PC-88、PC-98時代から続いているシリーズですので、たぶん知っている人も多いですよね。私がプレイしはじめたのはWindows以降ですので古参では無いですケド。

この「イース」は基本的にはシリーズ物ですが、一話完結ですのでどこからプレイしても問題はないです。ただ、やはり1と2を最初にプレイしておいたほうが物語がスムーズに理解できると思います。


今回の「セルセタの樹海」、難易度はEASYでプレイ。サブクエスト等はほとんどやらず、本編のみプレイをしてクリア時間は20時間弱でした。前作は別として最近のイースにしてはそこそこのボリュームがあったと思います。

【イース セルセタの樹海 デモムービー】


前作の「イース セブン」はPSPでしたので画面のキャラクター描画が小さかったのですが、今回はプラットフォームがVitaとなりグラフィック等も進化しておりました。操作も中々の爽快感あり。携帯機ということもあってか延々と道を移動するなどのような事や演出も無く、サクサクとゲームを進められました。
PlayStation Vitaをお持ちなら、おすすめできるソフトだと思います。


最近の日本ファルコムはPC版のゲームを出さなくなりPSPなどに注力するようになりました。ゲームは大画面でやりたいワタクシとしてはあまり歓迎できなかったのですが、今回のグラフィックやレスポンスならばまぁ問題ないかな・・・・と言った感じデス。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の5件 | - ゲーム ブログトップ