So-net無料ブログ作成

ストランド版 バスカヴィル家の犬 [Other]

子供のころは本が好きで、よく読んでいました。
推理小説が特に好きで、著名なものは読み漁っていました。
若かったので、今あまり内容が思い出せませんけど。

特にシャーロック・ホームズが好きでした。
19世紀ロンドンの雰囲気なども想像を掻き立てられます。
昔、NHKで放映されたジェレミー・ブレット主演のものもよく見ました。
最近また現代版としてなにやら放映しているようですが、私はほとんど海外ドラマを見ないので食指が動きません。

二十数年ほど前に放映したツインピークスが、高校生の私にはあまり面白く感じず、それ以来海外ドラマは避けている気がします。「ラッシー」とか、「アーノルド坊やは人気者」とか昔のホームドラマはよく見たのですケド。
でも最近は面白いのがあるのはわかっています。まだ見ていない私には、今後の娯楽としてとても大きな可能性が広がっている気がしています。


さて、私が初めて読んだ推理小説は、忘れもしない「魔女の隠れ家」です。
でも、内容はすっかり忘れてしまいましたw
当時は小学校3年生。友達が「これ面白いよ」と言って学校の図書館で進めてくれたのがこの本です。それ以来、推理小説好きになりました。



話はに戻ります。
ネットでホームズ関連のネットサーフィンをしていたら、「コンプリート・シャーロック・ホームズ」というサイトにたどり着きました。
http://www.221b.jp/

このサイトでは、インターネット上で自由に読めるようにするため、著作権に抵触しないように全作品を改めて翻訳しなおし公開。さらにストランドマガジンに掲載されたイラストも掲載しているという凄いサイトです。管理人に敬意を表します。

このサイトを見ていると、広告欄に気になる内容がありました。
それがタイトルにある「ストランド版 バスカヴィル家の犬」です。
広告をクリックしてアマゾンに飛ぶと、ざっくり以下のような内容でした。

ストランド・マガジンで連載された「バスカヴィル家の犬」を、当時の誌面そのままに日本語化。緊迫した場面で現れる無情の (To be continued.) も、月刊誌当時のまま楽しめます。

なん…だと……!?
とても、とっても、ディ・モールト興味をそそられる内容ではないですか ! !
迷う間もなく注文していた私がそこにいました。

そして数日後到着。

DSC02573.JPG

DSC02574.JPG

DSC02575.JPG

DSC02576.JPG

ただの文庫本とは違う感動を分かっていただけただろうか。
永久保存版ですな。


シャーロキアンの方たちは是非買うべし ! !、買うべし ! !
いや・・・、すでに持っているかもしれませんね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

シューベルト 魔王 [Other]

中学生の時の音楽授業にてシューベルトの「魔王」を聞きました。
日本語版です。

昔からもう一度聞きたいなぁ・・・と思っていましたが、調べたりしても中々見つからず。
結局まだ手元にはありませんが、今後の為の備忘録としてここに検索した内容を纏めておきたいと思います。


まず、日本語版の種類は複数あるようです。
私が聞いたのはこんな感じの歌詞でした。

==============================================
風のよに 馬を駆り 駆けりゆくものあり
腕にわらべ 帯びゆるを しっかとばかり 抱けり

ぼうや なぜ 顔かくすか
お父さんそこに 見えないの 魔王がいる こわいよ
ぼうや それは狭霧じゃ

かわいいぼうや おいでよ おもしろい遊びをしよう
川岸に 花咲き きれいなおべべがたんとある

お父さん お父さん 聞こえないの 魔王が何かいうよ
なに あれは 枯葉のざわめきじゃ

ぼうや いっしょにおいでよ 用意はとうにできている
娘と踊ってお遊びよ 歌っておねんねもさしたげる いいところじゃよ さあおいで

お父さん お父さん それそこに 魔王の娘が
ぼうや ぼうや ああそれは 枯れた柳の幹じゃ

可愛いや いいこじゃの ぼうや じたばたしても さらってくぞ

お父さん お父さん 魔王が今 ぼうやをつかんで連れて行く

父も心 おののきつ あえぐその子を 抱きしめ
からくも宿に着きしが 子はすでに息絶えぬ
==============================================


まず、CDなどがないものかと検索してみますが、見つかりません。
どうやらあの魔王は、教育用として録音されたもののようで、そういった教育用レコードやCDしか出回っていないようです。


ヤフーでは同じように魔王に関する質問がありました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11106095646
このベストアンサー以外の回答に
「皆さんの回答通り、歌曲「魔王」(詩:ゲーテ 曲シューベルト)でしょう。
  義務教育最強の音楽鑑賞教材として君臨したものでした」
とのコメントがあります。妙に納得します。
こっちのほうがベストアンサーだろう! と思ってしまいました。



続けて検索すると、Amazonのページが引っ掛かります。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GW1N/
ここのカスタマーレビューには以下のコメントがあります。

「中学の授業の時に聞いた日本語の魔王が入っています。」

私は直感しました。
たぶん「あの魔王」だと。
しかし残念ながら売り切れでもう入ってきそうにもありません。


引き続き中学生の音楽関係で検索を続けると以下のページを発見。

中学校音楽科教科書教材集 西洋音楽史1(古代ギリシャ~ロマン派)
https://www.amazon.co.jp/dp/B00005V1G2/ref=nosim/?tag=nicovideo07_st1-22&creative=380333&creativeASIN=B00005V1G2&linkCode=asn&ascsubtag=7_vi_B00005V1G2_0_Pwu6xEOFVrc]_1500123337_6c2f86

ここのディスク:3の一曲目に魔王があります。大木敦夫・伊藤武雄共訳と書かれているのであの歌詞です。ここには曲を少しだけ聞けるようになっているので聞いてみます。
すると懐かしいあの声と歌詞でした。
私が探していた魔王はここにいました。
しかし、これも残念ながら入荷見込みなしです・・・。



同じように以下のページにもありました。
しかしこちらも売り切れです。
【全音楽科教科書対応】平成18~21年度用 中学校音楽科教科書教材集
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E5%85%A8%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E7%A7%91%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%80%91%E5%B9%B3%E6%88%9018~21%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%94%A8-%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E7%A7%91%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E6%95%99%E6%9D%90%E9%9B%86-%E6%95%99%E6%9D%90%E7%94%A8/dp/B000DZJK9Y?ie=UTF8&s=music&qid=1235538138&sr=8-1



ただ・・・、この「平成18~21年度用 中学校音楽科教科書教材集」で検索すると、こちらは最近という事もあり、お取り寄せにはなりますがいくつか在庫はあるようです。ただし4万円以上します。
この気持ちを満足させるために大人買いするか、どうすべきか悩ましいところです。

【楽天】
http://product.rakuten.co.jp/product/-/93c5605e6f5b570bda874598f9dc6553/?scid=s_kwa_pla_med

【ツタヤ】
http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4988001941460/?sc_ext=all_pc_store





他に検索している中で見つかったのは、以下。

【国立国会図書館】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009047246-00
こちらはたぶん視聴のみでコピーは取れません。

【日本コロムビア 受注生産型CD販売】
http://columbia.jp/ondemandcd/
客のオーダー1枚から完全受注生産システムでCDを販売するらしいです。
過去の廃盤となったものも対象らしいです。
最後の砦はここか?



とりあえず、以上で備忘録終了とします。
「魔王」マニアの方でもっとお安く手に入る情報があれば教えてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

うんこが漏れない世界を [Other]

少し前にネットの記事で、排泄を予知する機械の記事を見た記憶がありましたが、週アスPLUSに開発者のインタビューが載っていました。


【「うんこが漏れない世界を」世界待望のデバイスDFree予約開始 中西敦士代表インタビュー 】
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/319/319638/


うんこを漏らした事などがたんたんと書かれています。週アス的? ないい感じの記事です。
是非一読してみてください。


「さらに小型・軽量化を目指す」との事らしいので、もう少し小さくなるとかなり面白いアイテムになると思います。ワタクシがベンチャー企業への投資家だったら投資したい気がします。「うんこに関する問題」は国籍、年齢、時代を問わず人類共通・永遠の問題でしょうし。

ワタクシも今は会社勤めですが、「したい時にできない!」というのは大変な問題です。ですので、したい時に出来る環境で仕事をしたいィィー!!と思う事も良くありますが、事前にアラーム検知可能となればかなり楽になります。今後に期待したいですネ。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松田聖子 "みちづれ" [Other]

休みの日など暇な時間にYOUTUBEで昔の動画を見たりします。
最近は中森明菜とか松田聖子を集中的に見ております。

昔の歌番組をビデオに撮ったものなどもあり、ベストテンとかトップテンに出演したときのトークしている内容だとか、スタジオに来られない時に地方の色々な場所から中継で歌っていたのを見ると、とても懐かしく思います。


さて、いろいろ見ていると松田聖子が牧村三枝子の「みちづれ」を歌っている動画がありました。



皆さん聞きましたか? いやぁ~、上手いですねぇ~。
演技かもしれませんが、清水國明の驚いた顔がこちらの気持ちを代弁しております。
多少は練習していたのでしょうが、なかなかこうは歌えませんよネ。さすが"歌手"です。この当時のアイドルは歌唱力があるのでしょうね。


ちなみに、元の動画はこちらかと思われます。


「あのねのね」、懐かしいです。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

天龍源一郎の引退 [Other]

先日、天龍源一郎が今年引退すると表明しました。

全日~SWS~WARの頃を見ていたファンからすると、「まだやっていたのかよ?」というのが正直な感想でしたが、まずはお疲れ様でしたと言いたいです。

【引退表明の天龍  スポニチ Sponichi Annex】
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/02/09/kiji/K20150209009780270.html

【ミスタープロレス・天龍引退 ラストマッチは11月】
http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/364881/


ワタクシの中学~高校生当時はまだプロレスが元気だった時代でした。
さすがにゴールデンタイムで放送するほどの勢いはありませんでしたが、まだ新日、全日ともに1時間のテレビ放送はありました。ビデオに録画して見て、翌日にプロレス好きの友達と語り合った事を思い出します。

私がプロレスを本格的に見始めた頃はちょうど天龍が全日本を離脱した頃でした。ですので当時は天龍をテレビで見た記憶はあまりありません。もっぱら今は廃刊となった週刊ゴングで情報を得たり、SWSのプロレスが来たときに見に行ったりという感じでした。ちなみに、わが友達は私がゴングを買っていたので読み比べ出来るように彼は週刊プロレスを買っており、毎週お互いの家に遊びに行った時に見ておりました。まぁどうでもいい情報ですケド。

SWSが無くなってからはいろんな団体を渡り歩きましたが、日本のプロレスリングのトップ選手たちとこれほど試合をしている人はなかなかいませんよね。


プロレスラーと言えばその人特有の必殺技がありますが、天龍といえばなんでしょうか?
とにかくがっちり押さえ込むパワーボム、若干猪木よりも跳躍感が欠ける延髄斬りなどありますが、パンチも知られていますよネ。
本来プロレスではパンチは反則なので皆あまり使いませんが、古くはテリー・ファンク(まだ現役?)のナックルパート、アントニオ猪木のナックルアロー、天龍のグーパンチとここら辺の3人はなぜか使用しても見逃される傾向があります。一応5秒ルールの建前上、レフェリーはゆっくりカウントしたりする時もあったりしますが、大体はなぜか途中でカウントするのをやめて止めに行ったり(行くふり?)するので、実質はお咎め無しの技となっています。

あとは入場曲もカッコいいですネ。
スタン・ハンセンの「サンライズ」や長州力の「パワーホール」ほどは一般に知られていませんが、古いプロレスファンなら好きな曲の上位に入る人も多いのではないでしょうか。



まだ引退まで少しありますが、お疲れ様でした。生涯のライバル鶴田の分も長生きしてこれからも頑張ってほしいです。試合を見に行けるチャンスがあればいいのですが。

最近プロレス好きの親友と会う機会も減りプロレスから離れていましたが、久々にブログでこう書いてみると当時の熱い気持ちがよみがえってくる気がします。最近はまたプロレス人気が出てきているという話も聞いたりしますし、少し情報収集開始して行ってみようかなぁ~という気持ちが湧いてきております。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース