So-net無料ブログ作成
PC自作関連 ブログトップ
前の5件 | -

Core i3-7100 ドラゴンクエストX ベンチマーク [PC自作関連]

前回の記事で書いたように、現在使用しているPCのCPUは、Core i3-7100です。


インテルの第 7 世代Core i3プロセッサーであるKaby Lake世代のCore i3であり、性能としては2コア/4スレッド、3.9GHz、3MBCache、TDP 51Wです。ターボブーストはありません。

土台のベアボーンDesk Mini 110は65WまでのCPUが取り付け可能です。TDPの低いものならCore i5やCore i7も選択可能ですが、重たいゲームをしないのであれば正直言ってCore i3で十分です。その中でもクロックが高いほうが色々と機敏に動きますので、あとは価格との兼ね合いでしょうか。

Core i3-7320なら当時最速の4.1GHz駆動, 4MBCacheでしたのでそれが一番でしたが、7100との価格差が4~5000円程度ありました。0.2GHz程度の差でそこまで安くなるならば・・・、と思い今回は7100を選択しています。
次の大きいPC購入時には普通にお金をかけたいので、今回はコストパフォーマンスを重視しています。
SSDも、MLCではなくTLCで安いUltlaIIにしています。長期間運用の安定性ならMLCの製品のほうが気分的に良いのですが、実際の運用で今回のSSDを5年、10年と使うわけでもなし。という事でここもコストパフォーマンスを重視しました。



さて、前置きが長くなりましたが、今回はタイトルにあるようにCore i3-7100にてドラゴンクエストXのベンチマークを走らせてみました。
すでにドラゴンクエスト11が発売済で今更感もありますが、まだプレイしたことがなかったタイトルでそのうちプレイしたかった事もあり、今回プレイ可能か確認してみたいと思います。
Core i3は内蔵グラフィックスですが、世代を重ねるごとに進化していますので、今ならいい結果が出ると思います。

PCの構成は前回記事のように以下です。

=========新PCの構成===========
【CPU】Intel Core i3-7100 BOX (Kaby Lake, 2コア/4スレッド, 3.9GHz, 3 MBCache, TDP 51W)
【CPUクーラー】CPU付属リテールクーラー
【MEM】Crucial DDR4-2133 SO-DIMM 2枚組(8GBx2)
【M/B】 ASRock Desk Mini 110 (ベアボーン)
【VGA】Intel HD Graphics 630
【SSD】SanDisk UltlaII SSD (SATA 6Gb/s 256GB 2.5インチ)
【光学ドライブ】無し (Pioneer製外付けDVDドライブ購入)
【OS】 Microsoft Windows 10 Home 64bit パッケージ版
【ケース】ASRock Desk Mini 110 (ベアボーン)
【電源】Desk Mini 110付属 125W ACアダプター
=============================


使用したベンチマークは、Windows版ドラゴンクエストX ベンチマークソフト(Ver' 1.4K)です。
先ずは以下の設定で試してみます。

≪テスト①≫
【グラフィック設定】標準品質
【解像度】1280 × 720
【表示方法】ウインドウ
キャプチャ.JPG
いきなり「とても快適 スコア9200」が出ました。
出だし好調です。



≪テスト②≫
次は標準品質のまま、フルスクリーンと行きたかったのですが、なぜかうまく作動しなかった為、仮想フルスクリーンで実行しました。
【グラフィック設定】標準品質
【解像度】(1920 × 1080)
【表示方法】仮想フルスクリーン
キャプチャ2.JPG
結果は「快適 スコア5807」です。
CPU内蔵グラフィックでちまちまやるには問題ないと思います。



≪テスト③≫
続いて最高品質に設定してみます。
【グラフィック設定】最高品質
【解像度】1920 × 1080
【表示方法】ウインドウ
キャプチャ4.JPG
結果は「普通 スコア4533」です。
さすがに「普通」まで落ちてしまいました。



≪テスト④≫
最後に最高品質で仮想フルスクリーンにしてみます。
【グラフィック設定】最高品質
【解像度】(1920 × 1080)
【表示方法】仮想フルスクリーン
キャプチャ3.JPG
結果は「普通 スコア4476」です。


ベンチマークの説明によると仮想フルスクリーンとは、「フルスクリーンモードのように画面いっぱいを使ってゲームを表示しながら、ウィンドウモードと同様に快適にウィンドウを切り替えることができる」モードのようです。
自宅PCのディスプレイは解像度1920×1200です。したがってテスト③と④の差がほとんど無いのはある意味当然かもしれません。



という事で、Core i3-7100 でもベンチマーク的には十分に楽しめそうです。標準品質にするか最高品質にするかは、実際にプレイしてみての状況を見て変えればよいと思います。
まだドラクエ11もプレイしていませんので、その辺が落ち着いたらドラゴンクエストXをプレイしてみようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

新PC購入 (Desk Mini 110) [PC自作関連]

今年、PCを買い換えました。
思えば2012年に次世代機として導入したPCについて色々と書くために始めたブログでした。
当時の事はカテゴリーの「CC600T自作」にありますので、暇な人は読んでみてください。


2012年PCは、Core i7-3770Kなので、まだ通常使用にはまったくもって不足ない能力でしたが、定期的に買い換えて新陳代謝を図りたいという自作PC好きの欲望が勝りました。
ただ、連続で大きいPCを買うには少し抵抗がありましたので、いったん小型PCで欲望を抑えて、後で必要ならば本格的に自作することとしました。

という事で、今回はあまりお金をかけず、ベアボーンで検討することに。
結果としては以前から気になっていたASRockのMini-STXベアボーン Desk Mini 110をベースにしました。

=========新PCの構成===========
【CPU】Intel Core i3-7100 BOX (Kaby Lake, 2コア/4スレッド, 3.9GHz, 3 MBCache, TDP 51W)
【CPUクーラー】CPU付属リテールクーラー
【MEM】Crucial DDR4-2133 SO-DIMM 2枚組(8GBx2)
【M/B】 ASRock Desk Mini 110 (ベアボーン)
【VGA】Intel HD Graphics 630
【SSD】SanDisk UltlaII SSD (SATA 6Gb/s 256GB 2.5インチ)
【光学ドライブ】無し (Pioneer製外付けDVDドライブ購入)
【OS】 Microsoft Windows 10 Home 64bit パッケージ版
【ケース】ASRock Desk Mini 110 (ベアボーン)
【電源】Desk Mini 110付属 125W ACアダプター
=============================


DSC02596.JPG
最初で最後の集合写真です。

尚、CPUクーラーで使用する予定のNoctua「NH-L9i」も映っています。まだ未使用ですが・・・。
http://www.gdm.or.jp/review/2012/1226/14565


他、埃対策としてフィルターも購入しました。まぁ気休め程度かもしれませんが。
DSC02600.JPG


これが元の状態です。
この上に先ほどのマグネットフィルター(12cm)を取り付けます。
DSC02601.JPG

DSC02602.JPG

これで多少は掃除の頻度が少なくなりそうです。


このPCはオンボードVGAなので重いゲームは無理ですが、ドラクエ10ならば軽いゲームなので出来そうです。後でベンチマークやってみる予定です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

「Obsidian Series 250D」 [PC自作関連]

CORSAIRから発売される、Mini-ITX Cubeケース「Obsidian Series 250D」が少し気になります。
ケースの詳細は以下のエルミタ記事参照してください。


SnapCrab_NoName_2014-1-16_21-47-24_No-00.jpg

【エルミタージュ秋葉原 – CORSAIR「Obsidian Series 250D」徹底解説】
http://www.gdm.or.jp/review/2014/0116/57116

【250D | 株式会社リンクスインターナショナル】
http://www.links.co.jp/item/250d/

コルセア製なだけあって、しっかりとした作りになっているようです。今までのシリーズのよい部分はそのままに小型化されています。まぁその分省スペースにはなっていないのが難点ですが、その点は拡張性とトレードオフなので致し方ない面があります。
このケースならば、今使用しているタワー型PCからの組み換えなどであればパーツの流用が可能なので予算を抑えられそうです。ファンの交換などにこだわらなければ、このケースとマザーボードのみの購入で済みそうですね。他にはWindows8.1の費用?



実はこれ以外にも気になるCube型Mini-ITXケースがあり、本当はそちらで組んでみたいなぁというケースが有ったのですが、まったく音沙汰がありません。続報はよ!
SnapCrab_NoName_2014-1-16_22-21-56_No-00.jpg
【エルミタージュ秋葉原 – 思わず現物が見たくなるCube型Mini-ITXケース、XIGMATEK「Nebula」】
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2013/1025/48484

こちらは完全に外観優先ですな。
まぁ、プロジェクトXの名言的に考えれば、「美しいものを作れ。そうすれば解決する」 by "執念が生んだ新幹線" を思い出します。いまだPCケースに正解というものは無いのですから、そういう方面からのアプローチがあってもいいのかもしれません。


小型PCという点ではインテルの「NUC」やGIGABYTEの「BRIX」も気になっています。特に近々発売される? BRIX Proには興味津々です。高負荷時には騒音が大きそうですケド。
ただ、こちらはお値段もそこそこしますので、予算を考えるとまずは組み替えが現実的かな・・・・。
いわゆるひとつの、一過性の「PC自作したい病」であれば、それで満足するかも知れませんしネ。

SnapCrab_NoName_2014-1-16_22-27-41_No-00.jpg
【GIGABYTE 「BRIX Pro」シリーズ - PC Watch】
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/20140115_630555.html



私のPC遍歴はPC98シリーズから始まり、ソフマップのSusTeenというフルタワーPCを買って持て余し、その反省から今は亡きCompaqのPresarioというスリムPCを購入して拡張性の少なさに嫌気が差し、それ以降は再度タワー型の大きいPCに戻っておりますが、こうやって20年という長いスパンで見ると、「大 → 小 → 大 → 小?」という好みの流れがあるのかも知れません。

PCケースの改造など [PC自作関連]

最近怒涛の勢いで消化していたゲーム関係もだいぶ消化し、一段落つきました。
ブログの更新もその影響で遅れがちでしたが、今後は多少ペースが戻るかも・・・・。


話は変わりまして、Googleリーダーのサービスが2013/7/1に終了しました。ワタクシ、このサービスを使い始めたのは去年?か今年始め頃?ととても遅かったのですが、使い始めると楽な事に気づきました。特にワタクシのブログのような不定期更新の所を登録しておくと、とても助かりました。

Googleリーダーが終了し、代替サービスへの移行も特に行わずに過ごしておりますが、やはりちょっと面倒ですなぁ。皆さんどうされているのでしょうか。

下の記事は以前Googleリーダーに登録していた、「リンクスインターナショナルの広報がなんとなくブログしているブログ」です。当然PC関連の情報もちらほら出てくるので定期的に見ております。そのブログにケース改造関連の記事がありました。

【CORSAIR 550Dのサイドパネルをアクリル化して見た】
http://www.pclinks.jp/2013/08/corsair-550d.html

【オリジナルパソコン製作のことなら│X-ZONE MOD】
http://x-zone-mod.com/

この記事のようにPCの加工などをやってくれるところが日本にあるのは知りませんでした。
さすがにアメリカにある「PC Case Mods Store」程の物は難しそうですが、サイドパネルのアクリル化などが日本語で気軽に注文出来るのは嬉しいですね。


ちなみに、今使用しているPCケースCC600TWMのアクリルパネルを購入した所も「PC Case Mods Store」です。以下がその時の記事。

【Clear acrylic side panel of Corsair 600T 『その1 発見編』】
http://tmurana.blog.so-net.ne.jp/2012-09-03

【アクリルパネル イメージ】
corsair_600T_window_panel_mnpctech2.jpg
このアクリルパネルです。
もう既に持っているというのに、今見ても物欲を刺激されます。


アメリカのPCケース改造会社はこちらです。
【PC Case Mods Store】
http://www.mnpctech.com/

【Case Mod Blog】
https://www.facebook.com/pages/Mnpctechcom/148733308540715
ここは以前はブログだったのですが、今はFacebookになっていますネ。
このページには2011年後半からの記事が載っています。残念ながら私が見たCC600Tのアクリルパネルのページは2011年4月の記事でしたのでここには載っていませんが、PC自作好きの方は見るだけでも楽しいと思います。


X-ZONE MODは今年設立の新しい会社ですので、今後の活躍に期待したいですネ。

CORSIAR 第2世代スリーブケーブル登場 [PC自作関連]

CORSIARの電源に使用可能な「第2世代」スリーブケーブルが発売されたとリンクスから発表がありました。

【CORSIAR 第2世代スリーブケーブル登場! - DIY EXTREME】
http://diy-extreme.com/blog/2013/03/28/2456/

私もスリーブケーブルは以前に海外から輸入して購入しましたが、日本で購入できるのは良いことデス。

このケーブルですが、単色のセットばかりではなく各色がミックスとなったセットも有れば欲しいですなぁ。色は選べなくても良いので各色万遍なくカラフルに入っているセットがあれば購入してしまいそうです。


同じリンクスのDIY EXTREMEのブログで、「DIY EXTREMEカスタムコンテスト」の結果が発表されていました。
こういうのを見ると私もいろいろ触ってみたくなりますが、どうも私の場合はPCにかける情熱に起伏があります。今のPCは去年の8月に組みましたが、購入を決定するまではかなり悩み時間がかかりました。この「あーでもないこーでもない」と悩んでいる時が一番楽しいんですよね。

今は組んでしまい満足した為か、あまり大きいPCだと少し邪魔に感じる時があります。掃除などで移動するのが結構面倒デス。特に今回は両親がこちらに来る準備で現在使用しているデスクトップPCは一時レンタル倉庫に預けたりしていたので、その重さが身に染みました。まぁ、見ている分には楽しめて良いんですけどね。
その為最近は小さいPCにも興味が湧いているところです。


前の5件 | - PC自作関連 ブログトップ