So-net無料ブログ作成
検索選択

味の牛たん 喜助 東京駅八重洲北口店(2014-7月) [グルメ]

先日はまた牛タンを食べたくなり、東京駅にいったついでに八重洲北口にある「喜助」へ行ってきました。
最近は牛タンばかり食べております。

【ぐるなび - 味の牛たん 喜助 東京駅八重洲北口店】
http://r.gnavi.co.jp/gcdb701/


注文したのは、「特切り厚焼定食 しお味」です。
通常よりも少し厚めの牛タンです。(3枚・6切れ)  ただ、枚数指定は出来ない? 模様です。
DSC01785.JPG


牛タンの厚さは、利久の【極】ほどではありませんが、それでも中々の厚さです。
DSC01786.JPG


味は申し分なし。
ただ、利久の「極」にも言えますが、ここまで厚いとやはり個体差や部位の差でたまに噛み切れない、噛み切りにくいものもあります。ですので通常よりももう少し深く切れ目を入れたほうが良いと感じました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

塩原温泉紹介その11 「あかつきの湯」 [塩原温泉]

久々の塩原温泉紹介。
11回目は「あかつきの湯」を御紹介します。


【塩原あかつきの湯 栃木県須塩原市の日帰り温泉】
http://www.acatsuki.co.jp/shiobara/


場所は塩原温泉に向かう山のふもとになります。国道400号を塩原方面に向かい、関谷の辺りで那須方面(30号)に右折した辺りです。
出来たのが2004年と比較的新しい温泉です。私も2004年はこの付近で仕事をしていましたので、よくここに来た記憶があります。

【入口外観】
あかつきの湯外観.JPG
ちょうど写真を撮ったのが時期的に12月でしたので、ゆきだるまの置物が見えます。

あかつきの湯内湯.JPG
室内には泳げそうな感じの大きいお風呂があります。
泉質はアルカリ性。かなりのヌルヌル系です。私の個人的な感じではこの塩原近辺では上位を争うヌルヌル温泉だと思います。色は写真を見て分かるように若干茶色とか黄褐色がはいった感じです。透明感は有り。温泉的な臭いもありますが、まぁ気になるほどではありません。


あかつきの湯内部.JPG
手前にあるのは水風呂です。ということでサウナも併設されています。


あかつきの湯内湯湯口.JPG
お湯は源泉掛け流し。ある程度量を絞って温度調整しここから投入されています。ただ、夏休みなど多くの人が訪れるときは、髪の毛とかの汚れが排出が遅いという時も見受けられました。状況に応じて湯量を増やせるように源泉の温度を調整するクーラーなどが付いていれば良いのにと思うこともありました。(今はどうなのかはしりませんケド)


あかつきの湯寝湯.JPG
露天風呂への入口には寝湯があります。すこしブクブクしているのが分かると思いますが、背中付近からはバブルジェットが吹き付けられていて体に刺激が与えられます。温度も少し低めに設定されており、気を許すと寝てしまう時もあります。、


あかつきの湯露天.JPG
これは露天風呂。結構おおきめです。
冬などは外気がとても冷えるので、全身浸かって温まる→半身浴で程よく冷却→また全身浸かるの無限ループにおちいります。近くにベンチもあるので、そこで少し休んで又入るパターンもあり。
時間を選べば人が少ないときも多かったので、ワタクシは良くここで30分以上出たり入ったりを繰り返して満喫しておりました。

ただ、場所的に畑などが近く、時期によっては肥料の悪臭が立ち込める時も無きにしも非ず・・・・・。そこが欠点といえば欠点でしょうか。まぁ致し方ないところですケド。


「ひなびた雰囲気を満喫したい」というのには向いておりませんが、塩原や那須温泉に入った帰り道に寄ったりするのがよいかと思います。東北道の那須塩原インターも近いですしネ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」鑑賞 [映画関連]

先日の休みの日に、トム・クルーズ主演の「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞。




久しぶりに川崎のチネチッタで見てきましたが、チケット売り場にて「オール・ユー・ニード・イズ・キル、hh時mm分からの回を大人1枚」と言うのが、題名が長すぎて噛みそうになりました。TOHOシネマズのように端末でチケット購入するのも味気ないですが、題名が長いとあちらの方が良いですな。


この作品を見に行った理由は・・・・・・、面白そうとかとの理由ではなく、トム・クルーズ主演だからデス。トム・クルーズとジャッキー・チェンは無条件で行く事にしております。彼の映画を見に行くようになった理由は・・・と書こうと思いましたが、以前の記事に書いていたので割愛します。
ただ、作品としては十分楽しめました。いわゆる「ループもの」です。原作があるようですが、知らなくても楽しめました。そこそこおススメですぞ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブログ開設2周年 [CC600T自作]

このブログを開始したのは、2年前の2013年7月19日。投稿数の増減はありますが、なんとか続いております。ちなみにここ最近ブログの更新が滞っていた理由は飽きてしまった為ではなく、いつもの如く仕事とゲームが忙しかった為です。そろそろ通常程度の更新数に戻ると思います。


今月のSo-netブログレポートを見ると、ブログ年齢が2年と書かれていました。
SnapCrab_NoName_2014-7-23_10-46-17_No-00.jpg

フレンドリー度はいつも通りの「2」です。あまり自分から積極的に押しに行かないのが数値に表れております。

もともとは今使用しているデスクトップPCの組み立てを中心に紹介する「自作PC系ブログ」の予定だったのですが、直ぐにネタが尽きて何でものせるブログになってしまっています。


さて、このブログ当初目的の自作PCですが、何度か書いていますがそろそろ新しいケースなどに変えてみたいとの欲求が強くなっています。ただ、現在のPCは2年前に組んだものなので、性能的には不満はありません。
=========現在の構成===========
【CPU】 Intel Core i7-3770K BOX (3.5GHz LGA1155 )
【CPUクーラー】 ThermoLab LP53
【MEM】 Corsair CMD16GX3M2A1600C9 (DDR3-1600、DOMINATOR PLATINUMシリーズ) ×2個
【M/B】 ASUSTeK P8Z77-V DELUXE (Intel Z77 LGA1155 ATX)
【VGA】 ELSA GeForce GTX 670 2GB S.A.C (GD670-2GERX2)
【SSD】 Plextor PX-256M5P (SATA 6Gb/s 256GB 2.5インチ)
【光学ドライブ】 Pioneer BDR-207JBK
【OS】 Microsoft Windows 7 Professional 64bit Service Pack1 DSP版
【ケース】 Corsair CC600TWM-WHT
【電源】 Corsair CMPSU-750AXJP
=============================


性能的に不満は無いのですが、PC更新欲求のはけ口として考えたのが中身はなるべくそのままとし、PCケースのみを更新する事です。尚、いま気になっているPCケースは、今年のComputexで展示されていたCorsairのGraphite Series 380Tです。写真は以下のリンク先にあります。

【Introducing the new Graphite Series 380T and 780T PC cases】 http://www.corsair.com/en/landing/graphite-series-380t-780t

【エルミタージュ秋葉原 – 【COMPUTEX】CORSAIRの新機軸。「Graphite Series 380T」】
http://www.gdm.or.jp/crew/2014/0603/72629

記事にある780Tなどは、今使用しているCC600Tの後継機なのは明らかですねぇ。本来ならばこちらにすべきなのですが、最近はフルタワーの大きさに疲れてきたので次はMini-ITXにしようと考えておりました。これらは8月ころに発売らしいので、手ごろなサイズであれば、現在のパーツはなるべくそのままとし予算を抑えてPCケースを交換しようかと考えています。サイズが思ったより大きければ、250Dにする予定。


ただ、今使っているお気に入りのCC600Tアクリルサイドパネルとおさらばするのが残念です。購入にはかなり苦労しましたし・・・・・。
Clear acrylic side panel of Corsair 600T 『その1 発見編』
Clear acrylic side panel of Corsair 600T 『その2 メール編』
Clear acrylic side panel of Corsair 600T 『その3 購入編』
Clear acrylic side panel of Corsair 600T 『その4 取り付け編(完結)』 


杜の都 太助 汐留店 [グルメ]

先日は新橋に寄り、「杜の都 太助」 汐留店に行きました。もちろん牛タンのお店です。最近は牛タン記事ばかりですナ。


【ぐるなび - 杜の都 太助 汐留店】
http://r.gnavi.co.jp/a121104/


お店のある場所は汐留シティセンターです。
DSC01770.JPG
DSC01772.JPG


入口近くには、旧新橋停車場跡がありました。
あまり時間が無かったので、さらっと撮影のみ。
DSC01773.JPG
DSC01775.JPG



さて、この太助、一ヶ月ほど前に新宿の店に行ったのですが、それ以来の再訪です。
今回、新宿や銀座ではなく新橋にした理由は・・・・、混雑していなさそうだからです。11時の開店時に入りましたが、やはりスカスカでした。お客は私一人。ただ周りはサラリーマンが多そうな場所なので、12時頃になるとかなり混みそうです。
DSC01776.JPG



注文したのは、牛たん焼(塩)セット6枚です。6枚だと12切れなのでかなりのボリュームにです。
一番乗りのお客でしたので直ぐに出てきました。
DSC01777.JPG


お肉は厚すぎず、ちょうど良い厚さです。切れ目もありますのでとても食べやすく、簡単に噛み切れます。味も勿論美味しいです。前回も思いましたが、いろいろ東京近辺の牛タンを食べていますがこのお店、個人的にはかなりの高評価デス。味噌南蛮の量がもっと多ければ完璧です。
DSC01779.JPG


牛タンの味は、「塩」以外にも「味噌」がありましたので、次回はそちらを食べてみようと思います。
願わくば塩と味噌のミックスセットがあるとウレシイデス。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理