So-net無料ブログ作成

北海道フーディスト八重洲店 [地域情報]

先日の休みに、東京駅八重洲中央口を出たところにある、「北海道フーディスト八重洲店」に行ってきました。
北海道の製品や限定商品などを扱うアンテナショップみたいなところです。

【北海道フーディスト八重洲店】

大きな地図で見る

写真をいろいろ撮ってきたのですが、スマートフォンからデータを移動する際に何枚か消えてしまいました。
残った写真を御紹介します。


店内に入ると、当然ですが北海道系の物品ばかり。
北海道限定のインスタント焼きそばである「やきそば弁当」も当然置いてありました。
IMG00072.jpg
知らないうちにずいぶんと種類が増えております。一番右に移っている白いパッケージのものが昔からあるスタンダードなタイプです。
この焼きそばは全国展開している「UFO」や「一平ちゃん夜店の焼そば」などと比べると少し薄味です。その代わりという訳ではありませんが、スープ用の粉末がついており、焼きそばに入れたお湯をスープ粉末にかけてスープを一緒に作れます。これが結構美味しいのですよ。関東ではほとんど見かけないのが残念ですが、たまにAmazonで購入して食べたりしています。
北海道出身の方でこの商品を知らない人は居ないと思いますので、話のネタになるかも知れません。


【ベル ジンギスカンのタレ】
IMG00073.jpg
北海道ではなにかあれば直ぐにジンギスカンを食べる風習があります・・・・というと大げさですが、良く食べると思います。私も実家に帰省した時は必ず家で食べています。内地(本州)では外で焼肉となればバーベキューといった感じですが、北海道は当然ジンギスカンです。

そのジンギスカンにかける「タレ」で大きなシェアを誇っているのが、写真にあるベル食品のタレです。真ん中に写っているオレンジ色のラベルのタレがそうです。ジンギスカンを良く食べる家庭の冷蔵庫にはたぶん常備されていると言っても過言ではありません。
私がたまーにこちらでジンギスカンを食べる時にも必ずこのタレです。これが無いと始まりません。ただ、このタレも関東ではなかなか見かけないので買う時は難儀しております。

ちなみにこのジンギスカンのお肉は羊ですが、大きく分けて「マトン」と「ラム」の二種類があります。
「ラム」は子羊の肉で、「マトン」より臭みやくせが少ないです。ジンギスカンはよく臭いがダメという人もいますが、そういった方もこの「ラム」であれば食べれるかもしれません。
「マトン」は大人の羊の肉です。その為ちょいと匂いますが旨みもあるという感じでしょうか。

ワタクシはジンギスカン評論家ではありませんのでよく分かりませんが、聞いた話によると札幌から函館方面の南側は「ラム」を焼いてからタレにつけるような食べ方が多く、旭川方面など北海道の北側方面は「マトン」を事前にタレに漬け込んだものを焼く食べ方が多いようです。


【その他写真】
IMG00080.jpg
しおから系の食品も大量にあります。函館でしか見かけない物もたくさんありますネ。


IMG00074.jpg
こちらは「鮭とば」です。秋鮭を皮付きで細かく切り、海水で洗って乾かしたものです。適度な塩気と固さがあり、おつまみに最適デス。北海道だけではなく、寒いところではこういった食べ物が多いですね。


IMG00077.jpg
北海道限定のカレーもたくさんありました。写真は消えてしまいましたが、この他にもまだ種類がありました。
しかしこうやって見ると、日本人はカレー大好き民族ですなぁ。

IMG00083.jpg
こちらは北海道限定のサッポロクラシック。 → http://www.sapporobeer.jp/classic/
何度か飲んだことはありますが、ワタクシは普段お酒を飲まないので普通のサッポロビールとの違いがよくワカリマセンでした。


IMG00085.jpg
こちらは焼きそば弁当風味の「チャーハンの素」らしいです。当然のごとくスープ付きのようです。こんな商品があるのは知りませんでしたが、大人気商品との事なので少し買って帰りました。うまく作れたらブログで紹介したいと思います。


撮影した写真は以上です。
今日はこの辺で失礼します。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

人生は選択の積み重ね [ゲーム]

何だか偉そうなタイトルにしてしまいましたが、別に人生を語る記事ではありません。
「選択」とはゲーム内での話になります。


12月に発売されたPS3の「ウォーキング・デッド」という海外のゾンビゲームを今プレイしています。
ゲームの紹介は以下の4Game記事が詳しくて分かりやすいです。
知らない方はまずこちらをご覧ください。

【日本語版「ウォーキング・デッド」がついに登場 - 4Gamer.net】
http://www.4gamer.net/games/147/G014779/20131123012/

この記事にも書かれているように、ゾンビ溢れる世紀末的状況の中、主人公がいろいろ頑張って生き抜いていくのが大体の流れです。しかし非常事態な状況ですので、いろいろな危機や人間同士の衝突、二人の内どちらかしか助けられない選択等々、いろいろな選択を「決断」しなければならない場面が出てきます。このゲームは、その選択結果で後のストーリーが細かく分岐して進みます。

まぁ良く出来ていますねぇ。このようにいろいろと分岐するゲーム自体はアドベンチャーゲームでは昔からあると思いますが、最近のグラフィックの進化やゾンビ溢れる危機的状況のシナリオなどがうまく合わさっていると感じました。また、人間の負の部分と言いますかエゴ的な物がよく描写されています。普段安全なときには見られない人間の「顔」が拝めます。4Game記事によると海外での評価も高いようですが、それもうなずけます。


ワタクシなどはいろいろな選択の中でついつい無難な物を選ぶ傾向があります。
たとえば二人が言い争っている場面の選択肢だと、どちらかに味方するのではなく、「二人とも落ち着け!」とか「今は争っている場合じゃない」のような中立的な選択を選んでしまいます。しかし、このゲームではそんな選択をしていると、「この八方美人が!!」などと罵られ両方と険悪な状況になったりしますw

みんなが傷つかなかったり助かる方法を探していろいろ頑張っているのに・・・・・(´・ω・`)
いやぁ辛いところでが、このような最悪の状況下ではもしかしたらそうなのかも知れませんネ。

ゲームは違いますが、このような選択は私の好きな真・女神転生というゲームにも似ていますね。
メガテンはLAWとCHAOSという対立軸で話が進むのですが、私はいつもどちらかに偏る極端な状況は好ましくないとの考えで中立的な立場(Neutral)で進む事が多いです。でもその結果、結局両者と対立してしまう結末を迎えてしまいます。今ゲームをしていて、ふとそう感じました。


年末年始で時間がある方で、興味が湧いた方はプレイして見る事をお勧めしますが・・・・・・・・・、このゲームは「Z指定」なので相当なレベルでのグロい描写が出てきます。その辺が苦手な方はプレイを敬遠したほうがよいと思います。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

安倍首相 靖国参拝 [政治 & 社会]

安部首相の就任から一年。ついに参拝を決意したようですね。
TBSなどはこの記事を書いている今、総理官邸を出るところから生中継していますw

11:25頃の時点では、TBSの他には朝日やNHKも放送中・・・・・・。あれ? なんだか、ネトウヨと呼ばれている人達が嫌っている放送局ばかりな気がシマス。さらに11:30過ぎからは日テレも参戦開始。
TBSでは参拝についてニュース速報まで出る始末デス。もはや国民的行事なのかも。


昨日の毎日新聞の記事では参拝見送りと報じられていましたが、結局は誤報だった模様ですね。
【安倍首相:年内の靖国神社参拝見送り…外交への影響考慮か - 毎日新聞】
http://mainichi.jp/select/news/20131225k0000m010125000c.html

その毎日新聞が参拝を報じた記事はこちら。
【安倍首相:靖国神社参拝へ - 毎日新聞】
http://mainichi.jp/select/news/20131226k0000e010205000c.html
なんだかずいぶんと文字数が少ないですなぁw
よっぽど悔しいのでしょうか。産経新聞の文字数とは大違いですぞ。

一方、産経新聞はびっしりと書いております。新聞ごとの立ち位置が見て取れますね。
【安倍首相、きょう靖国参拝 政権1年、就任後初  - MSN産経ニュース】
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131226/plc13122610260010-n1.htm

その産経新聞。WEB上で号外まで出ておりますw http://sankei.jp.msn.com/pdf/2013/12/131226yasukuni.pdf
気合入りすぎでしょ、産経新聞。


もうね、毎日参拝すれば良いんですよ。そうすれば騒がなくなります。
そうすれば、逆に参拝しなかったらニュースになりますよね。
 
 ↓
 ↓
 ↓

記事を投稿しようとしたら、丁度安部総理の記者会見が開始。
TBSを見ていたら、安部総理の会見を中継し始めた途端、いきなりCM開始wwwww
そんなに嫌いなのかね。あまり笑わせないでくださいよ。

nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

浜口京子 14歳 [Other]

昨日のニュースを見ていたら、レスリングの浜口京子が復帰戦を優勝しておりました。
大ベテランの域ですが、親子悲願の金メダルへ向けてまずは出だし好調といったところでしょうか。

【浜口、ロンドン以来の実戦でV : nikkansports.com】
http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20131223-1235177.html

ワタクシがテレビで初めて浜口京子を見たのは1992年の時です。当時の彼女は14歳。テレビ朝日の新日本プロレス放送でした。なぜそんなにしっかりと憶えているかとの理由は以下のような感じデス。


昔、函館市民体育館に新日本プロレスが来た時、プロレス好きだった私は当然見に行きました。すると丁度その時はテレビ中継用にカメラがあり各試合を録画していましたので、「これは近い内にテレビ放送有るぞ!」などと一緒に行った友達と話をしておりました。

そして、しばらくするとその日のプロレスが放送されました。一度は生で見たものではありますが、テレビで放送されるとまた気分が違うものです。テレビを見ながら、「ここであの技が決まる!」、「この次はあの試合かな?」などと思いながら見ていたときの事でした。

ふと画面が切り替わり、どこかの道場が映し出されました。すると突然アニマル浜口が登場し、「今日はみなさんに簡単なトレーニングを云々」などと言い始めるではありませんか・・・・・・・・・?  後で知りましたが、どうやらこの日の放送から毎回数分程度、アニマル浜口によるトレーニングの指導コーナーが設けられておりました。この日は丁度その初回だったのです。

「なんじゃこりゃ・・・・・、プロレスの試合は?」 との思いでワタクシがテレビ画面の前で呆然としていると、父と共に登場して来たのが、当時14歳の浜口京子。この日の放送は「親子でするトレーニング」的なテーマで二人で腹筋を鍛えていた事を憶えています。アニマル浜口の発する「京子ォー」との呼びかけは今ではすっかり有名ですが、もうその当時からそんな感じで声かけしておりましたネ。あの日も腹筋する京子の足をアニマル浜口が手で押さえながら、「良し! 良いぞォ、京子ォ」見たいな感じだった記憶が残っています。また当時見ていて驚いたのが14歳とは思えぬ恵まれた肉体。さすがはプロレスラーの子供といった印象を受けました。

その時の放送分は見当たりませんでしたが、その頃に放送されたものがニコニコ動画にありました。

【浜口親娘の3分間健康体操 - ニコニコ動画:GINZA】


もう二十年以上前の放送なので、さすがにお二人共若いですな。
おそらく、このリンク先のリスト番号1393がその時の内容だと思います → プロレスビデオ

この放送の翌日に学校に行くと、当時のプロレス好き仲間との間では、プロレス中継の内容よりも浜口京子の方が当然話題となりましたw
「見た? 昨日の浜口京子? 何なんだよいきなり登場しやがってwww」みたいな感じでしたねぇ。

丁度その当時からレスリングを始めた彼女も、あれよあれよとアマレスの日本代表となり、世界選手権で優勝しオリンピックで銅メダルを取るまでの存在になりました。
年齢が近く、このテレビ放送で世間よりもいち早く名前を覚えたワタクシとしては、最後となるオリンピックに出場して金メダルを取って欲しいなぁと思いながら応援している次第なのデス。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

塩原温泉紹介その9 「こたき館」 [塩原温泉]

久々の塩原温泉紹介です。9回目は「こたき館」を御紹介します。

毎回の事ですがこの塩原温泉系の記事は、過去栃木県に出向していた2005年から数年の写真と体験を元にしております。その為、現状とは違うケースもあります。どうやら今回のこたき館もそのようです。

ちなみに、私が行ったときと同じ頃に訪れた方の記事はこちら → 【上塩原こたき館 : 湯めぐり日記】
最近少しリニューアル? したと思われるのはこちら → 【塩原温泉・こたき館 - どんぐりの放蕩不羈日記】


まず、こたき館の場所ですが、東北道の那須塩原ICを降り、塩原から会津方面へ向かう道路をズンズンと上って行った最後の方にあります。上塩原と呼ばれるところです。

大きな地図で見る
グーグルマップのストリートビューで見ると、以前は無かった看板が見えます。こんな山奥まで撮影しているとはGoogle恐るべし。それはそうと、ブログにストリートビューの状態で貼り付ける事が出来るのは知りませんでした。雰囲気が伝わりやすくていいかも知れませんネ。


このこたき館。以前は温泉宿として営業もしていた模様ですが、2005年当時は既に営業を中止し、立ち寄り湯(日帰り入浴)のみの営業となっていました。この当時、入口はいつも鍵がかかっており、入浴客が来た時にすぐ近くの家? からおじさんが来て鍵を開けてくれるというスタイルで営業しておりました。
訪れた日も、鍵がかかっていたので私が入口でうろうろしていると、直ぐにおじさんが来てくれました。

【こたき館 入口】
こたき館入口.JPG

中に入ると、宿廃業当時の面影がまだ残っており、いろいろと備品が残っている状態でした。最近行かれた方のブログを見ると、今は休憩所などいろいろ整備されているもようですネ。当時はまさに「温泉のみ」の状態でした。そういう状況もあってか、訪れた時のお客は男女ともにワタクシ一人のみ。まぁ、女湯に入った訳ではありませんケド、たぶんそうでした。

【こたき館 成分表】
こたき館成分表①.JPG
フラッシュで見にくいですが、訪れた時に撮影したものです。
アルカリ性単純泉ですネ。ヌルヌル感はなかったと思いますが、湯量が豊富で多めに掛け流されておりました。

【内湯】
こたき館内湯.JPG
訪れた時期が冬だった事もあり、内湯は湯気ぼーぼーでした。この写真の前に露天側のドアを開けてだいぶ湯気を逃がしたのですが、まだこの感じでした。
掛け流しですので、写真手前側からお湯がオーバーフローしているのが分かります。

【露天風呂】
露天①.JPG
こちらは露天風呂。最初から最後まで誰もいなかったので私の貸切風呂状態。
周りは雪景色。これで少し雪がチラついていたら最高でした。

露天②.JPG
露天は写真から分かるように大きな石で作られています。
また、露天真ん中付近は高い石が横に並んでいるのが判ると思いますが、これは女湯との境目です。この向こう側が女性の露天風呂となっています。つまり、でかい露天風呂を石で区切っている状態です。この日は誰も居ませんでしたが、たぶん石と石の谷になっているあたりからは、お互い立ち上がっているとチラチラと顔付近は見えるのかも知れません。いいですね、こんな感じのチラリズムw


ここ数年塩原温泉とはご無沙汰ですが、久々に行ってみたくなります。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行