So-net無料ブログ作成

セブンイレブン ミニかまくら(苺とババロア) [グルメ]

セブンイレブンに立ち寄ったところ、スイーツコーナーに新しいケーキを発見。いつもセブンイレブンが年末に発売するクリスマスケーキである「かまくら」のミニ版のようです。

このケーキはいつか食べてみたいなぁと思っていたのですが、一人暮らしだとさすがに食べきれないので今までは購入しておりませんでした。だが今回は食べきれる良いサイズ。早速購入してみました。
尚、コンビニスイーツマニア達のブログなどでは既にレビューされているようですネ。情報が速いですなぁ。

【ミニかまくら(苺とババロア)】
DSC01395.JPG
DSC01396.JPG

写真は撮りませんでしたが、ケーキの中には小さく切り分けられた苺が入っています。これが「かまくら」という名の由縁でしょうか。そのイチゴの周りはババロアがおおっています。これも甘くて良い感じ。ワタクシの舌ではパッケージにババロアと書いていなければババロアとは気づきませんでしたw

ケーキ表面は生クリームがいっぱいで生クリームリッチな構成ですが、そのクリームは甘過ぎずちょうど良い感じ。生クリーム好きにはたまらん一品ですな。中のスポンジケーキも固すぎずに丁度良い弾力。
290円という値段は評価が分かれる点かと思いますが、たまにちょいと贅沢したい時には良さそうです。

docomo G2 L-01F 機種変更 [通信販売 & 家電家具]

タイトルにあるように、スマートフォンの機種変更をしました。
いつも通りに? このブログではあまりレビューはしませんが、なぜこの機種なのか程度は書こうと思います。


今まで使用していたのは、LGエレクトロニクスのOptimus LTE L-01Dでした。 それを同じくLGのG2 L-01Fに変更デス。ワタクシ、別にLG信者でもなんでもありませんが、携帯・スマホ・自作PCパーツ等は生産国やメーカーに拘らず、自分にとって良い物を使用する事にしております。(たまには例外もありますケド)

【G2 L-01F - LG Electronics Japan】
http://www.lg.com/jp/mobile-phone/lg-G2-L-01F


私はスマートフォンを使用していますが、主に利用するのはネット閲覧などです。お財布ケータイなどに代表される日本独自の機能はほとんど利用しておりません。その為、国産メーカーがこぞってアピールしている「全部入り!」とかの機種は、逆に不要な機能を詰め込んだスマホに感じてしまいます。
パソコンに例えると、NECや富士通などのPCには無駄なソフトや機能がてんこ盛りになり販売しておりますが、まさしくそのイメージ。まぁ、スマートフォンはPCと違い、機能を後付け出来ないので致し方ない面もありますケドネ。

さて、上記考えが元になっていると、スペック的に大差無ければ必然的に国産よりも海外メーカーの方に注目が行ってしまいます。また、最近はそうでもありませんが以前は国産メーカーのスペック等は独自機能やOSカスタマイズに時間がかかり、海外メーカーよりも1サイクル程度遅れている印象もありましたし。
そうなると最近のdocomo海外勢ではほぼサムスンかLGになります。
その中でもLGは特に液晶が綺麗でした。前回もそして今回も。IPSなので視野角も広く画質もGood。
もし時間があれば、スマートフォン内に予め入っているデモムービーを店頭で見れば良く分かると思います。

今回のLGスマホと国産スマホを比較した結果・・・・、総合的にはLGの方が魅力的に感じました。


G2 L-01Fの欠点は・・・・・、まぁいろいろあると思います。
ただ、私にとってはデメリットが少なくメリットの方が上回り、全体的にバランスが良い機種でした。

≪良い点≫
 ・画面が5.2インチと他機種よりも0.2インチ大きい割りには、他機種とサイズがほとんど変わらない。
 ・重さも約145gと平均的。両サイドが少し薄くなっているので持ちやすく、重さを感じさせない。
 ・IPS液晶で良い画質
 ・2900mAhの電池容量の割りに結構長持ちと評判? 

≪悪い点 & いまいちな点≫
 ・Xi受信速度が112.5Mbpsであり、他機種の150Mbpsよりも低い(対応周波数1.7GHz未対応)。
 ・microSDが内蔵できず、外付けとなる。尚、内蔵メモリは32GB。
 ・RAMが2GBと平均的。
 ・非防水

日本独自の機能には興味ないので、それを除くとざっとこんな感じでしょうか?

1.7GHz帯の150Mbps未対応の件については、この規格は今年の年末にどうにか山手線をカバー? する程度で、まだまだこれから整備するところです。その為、現時点では未対応でも問題無し。
microSDについては、たぶん人により評価が分かれると思います。まぁワタクシはほとんど動画等の重いファイルを入れないのでまったく問題なし。

おそらく1年~2年弱は使用すると思いますが、十分戦っていけそうです。

グランド小池商店 [グルメ]

昨日は会社が休みだったので、以前から行きたかった「グランド小池商店」へ行って来ました。

【グランド小池商店 - 田園調布/おでん - 食べログ】
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131704/13117139/

巨人ファンには有名なお店ですが、このお店は大田区の多摩川沿いにある河川敷グラウンドの直ぐ横にあります。この河川敷のグラウンドは、その昔読売ジャイアンツの二軍本拠地球場 & 練習場として使用していたらしいですが、このお店はその頃から営業していた為、店内には当時の巨人軍関係のサインや写真が溢れんばかりになっています。
以前からその存在は知っていましたが、今川崎に住んでいて結構近いのでいって見る事にしました。


【グランド小池商店 Google マップ】

大きな地図で見る

中原街道から丸子橋を渡り、すぐに左折。そのまま多摩川沿いを車で走っていると左側に河川敷が広がってきました。しかし、車で行ったので駐車場を探すのに少し苦労しました。ナビで駐車場を探してうろうろしているうちに、ふと電柱に書かれている住所を見ると、そこには「田園調布」との文字が。そのつもりで周りを見渡すと、何となく門構えや車の種類、歩いている人の服装や犬の種類も違う気が・・・・・。まぁ、駅近くの方がもっと凄いのでしょうケド。

さて、何とか近くの駐車場を見つけたのでそこに駐車し、まずは河川敷へ。
河川敷内にはグラウンドなどがあり、大学生? や社会人たちが練習しておりました。

【多摩川沿い 河川敷グラウンド】
DSC01360.JPG
多摩川を挟んだ向こうに見えるビル郡は、ここ数年発展著しい武蔵小杉のマンション郡です。いまも続々と建設工事中。この写真のグラウンドかどうかは分かりませんが、その昔はここで巨人の二軍が練習していたんですね。こんな所で練習していたなんて思うと、その当時は今よりも球団を身近に感じていたかもしれません。

【多摩川河川敷から見る富士山】
DSC01361.JPG
この日は天気が良く、遠くには富士山が見渡せました。この写真だと分かりにくいですが、真ん中付近にある白い雲の少し下に見えます。
少しアップで撮影してみました。
DSC01362.JPG
何となく見えるでしょうか?

【パノラマ撮影】
DSC01363.JPG
眺めが良いので、記念にパノラマ撮影してみました。写真をクリックすると大きくなります。(4912 × 1080)
手前の道は本来真っ直ぐなのですが、カメラのパノラマ機能で撮影したので変に曲がっておりますw


この時点で11時頃。まだ昼食には早いですが、ここで練習している人達が押し寄せて混む前に小池商店へ向かいました。

【グランド小池商店 外観】
DSC01366.JPG
外で食べられるように椅子などもありました。晴れていたら外でのんびりと食べたいですねぇ。
ちなみに私の後に来た野球部の面々は、ここに座り食べておりました。

店内に入ると、壁という壁全てに、巨人軍関係のサインや過去に来た有名人のサインが貼られています。
店内にはテレビなどで見た事のあるおじいさん達がおりました。
まずは焼きそばを注文し、出来上がるまでの間に店内の記念撮影。

【写真いろいろ】
DSC01367.JPG
DSC01370.JPG
DSC01375.JPG

【桑田】
DSC01371.JPG
リハビリでもしている頃の写真でしょうか?

【桑田】


【バット-1】
DSC01374.JPG
上ばかり見ていましたが、ふと下を見るとなにやらバットを発見。もしやと思って見て見ると過去の打者が使用していたバットのようです。

【バット-2】
DSC01372.JPG
DSC01373.JPG
下の写真の右下にあるバットのテプラを見ると、「王」 との文字を発見。何ともびっくりでござる。

【中畑】
DSC01378.JPG
「絶好調男」中畑清。若いですなぁ。

【王、長島 & 徳光】
DSC01386.JPG
徳光さんが居るということは何かの撮影時の写真でしょうか。


【焼きそば】
DSC01376.JPG
焼きそばが到着。
昔ながらの味といいますか、いわゆる屋台の味といえば分かりやすいと思います。

【おでん】
DSC01377.JPG
DSC01384.JPG
焼きそばを食べていると野球部の人達が来て、焼きそばとおでんを注文。
私もなんだか食べたくなったので、おでんを注文しました。
味がよく染みており、なかなか美味しいです。

【おでんくん】
DSC01387.JPG
最後に1枚の写真。
私が食べていると、ラクロスの練習をしていた大学生のお姉さん達が来店し、おでんをご注文。
出来上がるまでの間に店内の写真を「きゃっきゃうふふ」と眺めておりましたが、彼女たちが一番興味を示していたのは長島でも王でもなく、このおでんくんのサイン。なんだか分かりませんが、なぜか若さを感じましたねぇw

本日は以上です。

ASCIIフェス2013冬 & PC-DIY EXPO 後編 [PC & 秋葉原イベント]

1階のASCIIフェス会場を後にし、地下1階へ。
こちらは主にPC-DIY EXPO関係のブースがあります。

まずは「体験ゾーン」と銘打たれたコーナーへ。

【ドライブシミュレーター】
DSC01342.JPG
ドライブシミュレーターが体験できるブースです。まだこの時は空いていたので、私も試してみました。
そこいら辺のゲーセンとそんなに変わらないだろうと安易に考えていましたが、いやいやかなりの迫力で相当面白かったです。やはり3画面になっているとまったく違いますネ。機会があれば体験する事をお勧めします。


ドライブシミュレーター以外の体験コーナーとしては、フライトシミュレーターとバーチャルリアリティーがありました。バーチャルリアリティーのブースはOculusRiftというヘッドマウントディスプレイを付けて体験するものでした。混雑していたのでスルーしましたが、結構面白かった模様です。
ITmediaの記事を見ると、次回以降もこのような体験ブースがあるかもしれません。

【ゲームパソコン&PC-DIY EXPOで未来のゲームを体験 - ITmedia PC USER】
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1311/18/news133.html


体験コーナーの次はPC-DIY EXPOの各メーカーブースへ向かいました。ワタクシ的には本日の本命です。
各メーカーの新製品を間近で見られ、かつその説明も聞けるという機会は中々ありません。

【ENERMAX 水冷キット】
DSC01343.JPG
ENERMAXのブースでは、簡易水冷キットの展示をしておりました。
この写真は水冷キットを分解した物の写真です。右下に小さなポンプが見えます。

DSC01344.JPG
こちらはCPUと接触する受熱部分の内部です。中心部で一旦横に溝が切ってあります。
そこに居たメーカーの人の説明によると、熱伝導率を上げる為の工夫との事でした。本当はもっと詳細に説明してもらいましたが、割愛します。

このような水冷の熱交換部を見ると、異業種ではありますが、熱交換器などを多く使う装置産業で培った熱交換の技術・ノウハウが生かせるのではないのかなぁ? といつも思いますネ。まぁここまで小型の物はないですケド。

【CORSAIRのキーボード】
DSC01345.JPG
CORSAIRのブースでは新しい電源が展示されていましたが、私が気になったのはキーボード。
CORSAIRのゲーミングキーボードは格好良いですよね。上の写真はあまり写りが良く無いのが残念です。
実は私もCORSAIRのキーボード CH-9000003-JP を持っておりますが、箱に入ったまま全く使っておりませんw

【InWin 強化ガラス+アルミ製PCケース Tou】
DSC01346.JPG
全面強化ガラスのPCケースです。見た目は凄いインパクト。ただ、自作見せ方の腕が問われますね。
最近のInWinはこのような変わったケースを多く出しておりますが、メーカーとしての勢いを感じます。

【Cooler Master HAF Stacker】
DSC01348.JPG
ずいぶんとドデカPCケースだなぁ・・・と思って良く見たら、二つ重なっていました。
そういうコンセプトのケースらしいです。これはATXとMini-ITXの組み合わせですが、Mini-ITX3発などにもできるようです。

【ELSAブース】
DSC01349.JPG
DSC01354.JPG
たしかエルザのブース写真だったと思います。バトルフィールド4? が流れていました。
こういったゲームも3画面だと没入感が違いますね。
ビデオカード3発で超高解像度(4K?)にしておりましたが、その内ビデオカード1枚で楽々4K画像をぬるぬる動かせる日が来るのでしょうか。

【GIGABYTE BRIX】
DSC01350.jpg
ピンボケになってしまいましたが、こちらはGIGABYTEの今後発売予定のBRIX。
CPUはグラフィック能力が強化された「Iris Pro Graphics 5200」が搭載予定です。また、2.5インチのドライブが付けられるとの事です。CPUがHaswellで、かつIris Pro Graphicsとなるとそれなりの能力があるので、ワタクシは少し気になっております。

【ASKブース】
DSC01351.jpg
DSC01352.JPG
ASKブースでは、Fractal DesignのケースとSAPPHIREのグラフィックスカードを展示。
気になったのは電源部分。Fractal Designが電源も手がけていたのは知りませんでした。


他にもいろいろとメカーのブースは有りましたが、写真は撮らなかったので割愛します。
これ以外には、ノートPCの天板にキャラクターなどをプリントした物がいろいろと展示されておりました。

【東方プロジェクト ノートPC】
DSC01355.JPG
あまり詳しく知りませんが、有名なプロジェクトらしいですなぁ。

【各種デザイン プリント天板】
DSC01356.JPG
DSC01353.JPG
日本の将来は大丈夫だろうか? と少し心配になりましたw


これで今回の記事は終了です。この後はお昼ご飯を食べるために外にでました。
その途中で面白い服を着たお子さんを発見。

【尻尾?】
DSC01357.JPG
たしか山耳横の路地を歩いている時に出会いました。
なんだか、尻尾が生えているように見えるデザインですよネ。

この後はマチガイネッサンドウィッチズが開いているか覗いてみたら開いていたので突撃しました。

【マチガイネッ 二の丸】
DSC01358.JPG
我がブログにも何度か登場したジャンク通りにあるマチガイネッサンドウィッチズの路面店です。いつもお客さんが居ないけど大丈夫でしょうか・・・・。ワタクシはホットドック好きなので、応援しております!
ちなみにここに来ると、かなりの率で店員がいろいろと話をしてきます。
あと、平日は開いていないのかな?

【プレーンドック ソーセージ2本】
DSC01359.JPG
お腹が空いていた私は、以前から試したかった「プレーンドックにソーセージ1本追加」を注文。
パンで閉じれない程のかなりのボリュームになりましたが、無事完食!
ここのソーセージは中々旨し!


以上で終了です。

ASCIIフェス2013冬 & PC-DIY EXPO 前編 [PC & 秋葉原イベント]

昨日開催された、「ASCIIフェス2013冬」に行って来ました。


さて、東京駅で山手線を待っていると、京浜東北線側の壁に見た事のあるアニメ調の看板がありました。

DSC01322.JPG
懐かしのペルソナ3ですな。映画化されるのをこの看板で初めて知りました。
ペルソナ3と4の音楽は中々良かった記憶がアリマス。


11時頃に秋葉原へ到着。まっすぐ会場となるベルサール秋葉原へ向かいました。
会場案内等を見ると、大まかに1階ではASCIIフェス、地下一階ではPC-DIY EXPOの出展があるようです。
まずは1階のASCIIフェスから確認。


【マウスコンピューター キューブPC】
DSC01323.jpg
マウスの昔のキューブPCなどが展示されていました。この写真のPCも昔のやつなのかな? 
マウスコンピューターを含めて出来合いのPCにはあまり興味が無かった為、良く見ないでスルーしてしまいました。

【パーツのぱ 原稿】
DSC01325.JPG
「パーツのぱ」の原稿が展示してありました。「パーツのぱ」とは週刊アスキーで連載中の漫画です。以前は毎週2ページでしたが、最近は4ページに増えましたねぇ。これ以外にも「カオスだもんね!」などの原稿もありました。
最近の週アスはどんどん漫画の占める割合が増加している気がするのは気のせいでしょうか?

【プロジェクター内蔵BRIX】
DSC01326.JPG
こちらはプロジェクターが内蔵されたBRIX。我がカメラではうまく写せませんでしたが、結構綺麗に写っておりました。サイズが小さいのでビジネスに使えないこともなさそうですが、最終的にはノートPCにプロジェクターが搭載出来ればそれに越した事はないですな。

【大紅蓮丸・改】
DSC01338.JPG
週アスに載っていた自作PCですネ。CPUがXeon × 2発です。
8コア/16スレッドのデュアルですので見かけ上32CPUですか。何に使うのか&使えるのかは不明ですが、まぁこういった物に理由や合理性をを求めてはいけませんよネ。

DSC01340.JPG
DSC01341.JPG

【大紅蓮丸・改 OCCT】
DSC01328.JPG
上記改造PCのOCCT画面です。凄いCPUの数になっておりますネ。


ジサトラ本部を後にし、次はノートPCの展示に向かいます。

【最新ノートPCの展示】
DSC01329.JPG
各メーカーのPCや3Dプリンタが展示されていました。写真中央の奥にあるボックス型の物が3Dプリンタデス。

【ソニーのPC】
DSC01330.JPG
DSC01331.JPG
型番は見忘れましたが、タブレットのようにも折りたたむことが出来るノートPCです。
Windows8発売時は各社から雨後の筍のごとく、このような変態PC? が発売されました。最近落ち着いたかな? とも思いましたが、いろいろ試行錯誤しているようですネ。

【TransBook Trio】
DSC01332.jpg
DSC01334.JPG
DSC01333.JPG
こちらはASUSの変態系PC。液晶部が取り外し可能になっており、取り外し時はアンドロイドタブレットとしても機能する模様。詳細なレビューは以下の記事を参照してください。

【ASUS「TransBook Trio」 ~WindowsとAndroidを切り替えて使える3-in-1ノート - PC Watch】
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/20131114_623514.html



さてさて、ノートPC関連の次はゲームコーナーへ向かいました。

【クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ】
DSC01335.JPG
1階のASCIIフェスではアンドロイド関連のゲームも多数展示されプレイ可能でした。
ワタクシ、まだどうしてもスマホやタブレット等でのゲームは好きではなく興味が湧かず、軽く眺める程度にしましたが、このゲームはCMも流れていて知っているので少しプレイしました。もとよりクイズは好きですし。

実はコロプラの株を少しばかり持っているのも、プレイする気になった理由の一つです。初めてCMを見た時は800万ダウンロードとか言っていましたが、今は1200万ですか。勢いは凄いですな。これから始まる日本株上昇第2波の流れに乗って第二のガンホーとなる事を期待している次第なのです!!
目指せ「億り人!」と言いたいところですが、現在6万円ほどの含み損デスw

【PCブラウザゲーム 燐光のレムリア】
DSC01336.JPG
PCにインストール不要なブラウザゲームの「燐光のレムリア」なるゲームも試遊出来ました。
実はこのゲーム自体にはあまり興味なかったのですが、「何の展示かなぁ」と思って立ち止まって触っていたところ、獲物がきたわ! といった感じで「ゲーム紹介担当メイド」さんに捕まってしまい、一通り戦闘部分のレクチャーを受けることになりました。

まずはメイドさんから戦闘方法の説明を受けます。
「シミュレーションRPGって御存知ですかぁ~♪」とのメイドさんからの御質問。

「ヴァナタ、誰に向かって質問しているのかしら?」  「その手のゲームはヴァナタが子供の頃からプレイしておりましてよ!!」 と一瞬思いましたが、ここは冷静に「少しやったことがあります。デュフフw」と無難にお答えしておきました。

短時間のプレイですので評価はしかねますが、正直言ってあまり面白くありませんでしたw
御免ね、一生懸命説明してくれたメイドさん。



ゲームコーナーを後にし1階をうろついていると、NVIDIAのブースに人だかりがありました。

【NVIDIA G-SYNCデモ】
DSC01337.JPG
こんな感じデス。
この人だかりは、NVIDIAの「G-SYNC」という新しい技術の説明をしているところでした。

ワタクシもこの後の説明を最前列で聞きましたが、PCゲーマーにとってはかなり興味のあるものでした。
簡単に言うと、ゲームのフレームレート変動に合わせてデイスプレイ側のリフレッシュレートを変更するものです。今までのゲームではゲームが40フレーム/秒だと見るに耐えないものでしたが、この技術を利用すると40fpsでも十分実用的になっていました。2014年以降に各ディスプレイメーカーから対応ディスプレイが出る模様です。

【「V-SYNC待ち」を革新するNVIDIA「G-SYNC」がデモ - AKIBA PC Hotline!】
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20131118_623997.html


尚、今回のPC-DIY EXPOとASCIIフェス関連は以下の記事が詳しいので、そちらもご覧ください。

【ゲームパソコン&PC-DIY EXPOとASCIIフェス - AKIBA PC Hotline!】
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20131117_623994.html

【エルミタージュ秋葉原 – 「ゲームパソコン&PC-DIY EXPO」レポート】
http://www.gdm.or.jp/crew/2013/1118/51107


1階エリアは大体見終わりましたので、次は地下1階に向かいます。
長くなるので、ここで一旦終了します。